演出家・鈴木裕美が『花より男子 Th
e Musical』を語る 『演劇のことを
話す時間 Vol.5』の開催が決定

2020年10月30日(金)、演出家の鈴木裕美による『演劇のことを話す時間 Vol.5』が開催される。毎回違うテーマで開催される『演劇のことを話す時間』だが、第5回目となる今回は、鈴木が韓国で「花より男子」を演出した時のことを取り上げる。
<鈴木裕美コメント>
私は、2016年にシアタークリエで上演した『花より男子 The Musical』を、その翌年の2017年に、韓国に3ヶ月弱滞在して演出しました。
戯曲、音楽は基本、日本で上演した時のもの、そのままだったのですが、美術、照明、衣裳などの全てを、韓国人スタッフと新たにデザインし、俳優も全て韓国の方で、日本人は私だけというカンパニーでした。私は韓国語が話せないし、ほとんどの役がトリプルキャストという芝居作りも初めてだし、稽古の仕方の違いも多岐にわたって存在し、目を白黒させる日々でした。もちろん、演劇って全世界共通なんだなぁと思うこともたくさんあり、総じて素晴らしい経験でした。
だいぶ時間が経っているので、古い情報になってしまっている部分もあるとは思いますが、 韓国と日本のミュージカルの作り方の違いや、 俳優やスタッフに対して感じたことなどをお話ししたいと思います 。
ご質問にもできる限りお答えします。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着