新海誠監督作のラブストーリーを朗読
劇化した『秒速5センチメートル』が
開幕へ 全キャストコメント&入野自
由、桜井玲香、田村芽実の舞台写真が
到着

明日、2020年10月21日(水)ヒューリックホール東京にて初日を迎える、恋を読むvol.3『秒速5センチメートル』。本公演の開幕に向けての全キャストコメント及び、10月21日、22日に出演する、入野自由、桜井玲香、田村芽実の舞台写真が届いた。
俳優の“言葉”と、アニメーション、音楽を有機的にリンクさせ、舞台だからこそ実現される特別な体験を目指し、2018年にラブストーリーの朗読劇シリーズとして産声をあげたシリーズ「恋を読む」。2018年に第一弾『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、2019年に第二弾『逃げるは恥だが役に立つ』が上演され、どの公演も、多種多様なジャンルから豪華キャストたちが集結し、演劇ならではの生の“言葉”の力で新たな形の恋物語を届けてくれた。
そして第三弾となる今回は、映画「君の名は。」で世界に名を知らしめた新海誠監督の「秒速5センチメートル」を朗読劇として初めて舞台化。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の3つの短編の連作というユニークな形で描き出される胸をしめつけられるような恋の物語は、2007年に公開されたのち、たちまち大きな反響を呼び単館上映ながらロングラン、海外での映画賞を受賞するなど話題となった。
(左から)田村芽実、入野自由 撮影:阿久津知宏

(左から)入野自由、桜井玲香 撮影:阿久津知宏
少しずつページをめくるように過去と現在を行き来しながら進んでいく物語と、移りゆく季節の情景を、本朗読劇のために新たに作られた美しい映像と共に描き出し、誰もが一度は経験したことがあるような、切ない恋の物語を表現。互いに惹かれ合いながらもすれ違い、結ばれることのない運命の男女の切ない恋を描いたラブストーリーを、朗読劇という新たな表現を用いて、交わらない2人の運命の切なさを届ける。
(左から)村田芽実、入野自由 撮影:阿久津知宏
演出は、第一弾、第二弾に引き続き、劇団「ロロ」主宰の三浦直之。出演は、新海 誠作品にゆかりの深い入野自由、梶裕貴、佐倉綾音や、「恋を読む」過去作にも出演した妃海風、山崎紘菜、福原遥、黒羽麻璃央、内田真礼、生駒里奈に加え、初の参加となる海宝直人、桜井玲香、田村芽実、前山剛久、鬼頭明里尾崎由香という多種多様なジャンルで活躍する15人。この15人が5組にわかれ、美しくも切ない物語を上演する。なお、本公演は25日(日)まで、配信も行われる。

脚本・演出 三浦直之 コメント
「秒速5センチメートル」のあの美しいアニメーションで描かれる風景を朗読劇でどうやれば立ち上げられるか稽古が始まるまでずっと不安でしたが、俳優のみなさんがそれぞれの声とそれぞれのやりかたで、朗読ならではの景色を描いてくれました。どんな景色がみえてくるか、耳をすませてみてください。
キャストコメント ※出演日順
■入野自由 (10月21日、22日出演)
入野自由 撮影:阿久津知宏
朗読劇の難しさを痛感しながら格闘し、新たな発見と楽しさに夢中になり、濃密な稽古期間を過ごすことができました。チームワークもかなり良い!
このステージでしか表現できない「秒速5センチメートル」
そして、各々のチームでしか観られない「秒速5センチメートル」が完成しつつあります。
あとは、会場にお越しくださる皆さん、配信でご覧になる皆さんの力が必要です。
共にこの作品を完成させましょう!
■桜井玲香 (10月21日、22日出演)
桜井玲香 撮影:阿久津知宏
改めて、繊細でとても美しい物語だと感じました。アニメーションもとても素敵ですが、朗読劇という形で、この作品の持つ更なる魅力を感じていただけると思います。今回は生配信もあるので、劇場にいらっしゃる方はもちろん、生配信でご覧になられる方にもしっかりと伝わるように努めたいです。
■田村芽実 (10月21日、22日出演)
田村芽実 撮影:阿久津知宏
台本を初めて読んだ時から、この作品に参加させて頂けることに幸せを感じていました。その気持ちは稽古を重ね、作品や花苗ちゃんの心に寄り添えば寄り添うほど強くなりました。朗読劇ならではの“恋”をお客様にお届けできるよう精一杯努めます。是非、劇場でも配信でもご覧下さい。
■海宝直人 (10月21日出演)
いよいよ開幕します。各チーム共にさまざまな表現で新海誠監督の光と色彩の世界、そしてキャラクターの繊細な心情を朗読してゆきますので、その違いも楽しみにしていただければと思います。僕も言葉と声の力でしっかり繊細な世界観を感じていただけるよう表現していきたいと思います。どうぞお楽しみに!
■妃海風 (10月21日出演)
秒速5センチメートルのお稽古を重ねるたびに、心が浄化されていく……そんな感覚になります。
この作品の映画、小説を見て心を動かされたのは、美しい言葉の数々、繊細な心の移り変わり、日本の四季を感じられる細やかな描写だったのですが、それを、生身の人間が朗読することによってより味と深みが増し、更に細やかで温かい作品となっています。肌寒くなり始めたこの時期に、ぜひ劇場で(配信もございますのでお家でも!)心を温めにいらしてください。
■山崎紘菜 (10月21日出演)
実際に演じてみると、花苗の抱えている思いが自分の想像の何倍も強く、そして繊細なことに驚かされました。大きく揺れ動き、激しくうねる波のような気持ちが皆様のもとにしっかり届くよう、最後まで花苗と一緒に悩み、楽しみ、全力で片思いに生きたいと思います。また、1幕から3幕までを初めて通して見た時、それぞれの物語の彩りが全く違うことにも驚きました。今作ならではの各章の色合いの違いも楽しんで頂けたらと思います。
■前山剛久 (10月22日出演)
稽古を通して、より深く「秒速5センチメートル」の世界を理解することができました。
三浦さんの演出は役の内面を丁寧に描きつつ。声だけでなく、視覚的にも作品を楽しめる工夫をされていて、とても面白いです。この朗読劇の魅力は原作の魅力を踏まえながら、より鮮明にそれぞれの役の恋心や苦悩を伝えている点。まもなく公演が始まります。皆様の人生と重ね合わせながら、淡く切ないこの「秒速5センチメートル」の世界に深く浸っていただけたら、嬉しいです。
■鬼頭明里 (10月22日出演)
朗読劇と言いつつも、いろいろな仕掛けや演出で、見ても聞いても楽しめる作りになっていて、演じている私自身もしっかりと作品に没入でき、とても楽しんで稽古をさせていただいています。
貴樹や明里や花苗達の繊細な心の動きや時の流れをしっかりと表現して、この切なくも美しい作品の魅力を楽しみにしてくださっているみなさんに伝えられ、楽しんでいただけるよう精一杯努めます。
■尾崎由香 (10月22日出演)
稽古に参加させて頂き、言葉、表情、動き、どれも作品の中で繊細に感じられ、朗読でしか味わえない表現の魅力を再確認出来ました。花苗のまっすぐな想いが皆さんに伝わるといいなと思っています。音響や映像とのリンクも本当に素敵で、私も劇場で体感するのが楽しみです!また青春の切なさだけでなく、楽しい場面も今回あるので楽しみにしていて下さい!朗読劇ならではの、心に響く素敵な空間、是非劇場で楽しんで行って下さい。
■梶裕貴 (10月23日、24日出演)
“恋を読む”シリーズらしく、今回も、登場人物の心理描写を具現化した素敵な演出が盛りだくさんです。動き然り、美術然り、照明然り、音楽然り。作品自体の持つエネルギーも相まって、稽古中から涙が溢れて止まりません。すべてがひとつに揃った時、今とは比較にならない相乗効果が生まれるのだろうと、僕自身、今から本番が楽しみでなりません。貴樹の成長と変化を……彼の人生を、約100分間の公演の中で丁寧に表現できればと思っています。今しばらく、楽しみにお待ちください!
■福原遥 (10月23日、24日出演)
稽古をさせていただき、心が満ちていく幸せ感、そして胸が締め付けられるような切なさでいっぱいになった事を覚えています!
貴樹くんと明里、2人の間に流れている時間のスピードや、距離感を丁寧に、そして一言一言を大切に演じたいと思っております!
皆さんと一緒に大切な時間を過ごせることが今からとっても楽しみです!
是非観ていただけたら嬉しいです!
■佐倉綾音 (10月23日、24日出演)
私が想像する朗読劇の枠を超えた鮮やかな表現の世界を、稽古で見ることができました。
皆さんの目の前で散る桜を、一緒に見ることができたら幸いです。
■黒羽麻璃央 (10月24日、25日出演)
少ない稽古時間でしたが内容の濃い時間を過ごすことができました。そして、自分自身あらめて舞台というものが好きなんだな、という気持ちで溢れた稽古期間でした!
貴樹の想いや感情を台詞にのせて、皆様にお届けできるように頑張ります!
三浦さんの演出によりまた新しく生まれ変わった『秒速5センチメートル』是非、お楽しみに!
■内田真礼 (10月24日、25日出演)
間も無く開演される『秒速5センチメートル』。
稽古を進めていく中で、わたしは気付かされることがたくさんありました。
人と人との出会うことの尊さ。私たちは、奇跡的な出会いの中で生きているんだと実感します。
わたしは今回の台本を読み、さらに秒速の世界に引き込まれてしまいました。
聞こえてくる息遣いに耳を澄まし、ご覧いただけたら嬉しいです。
■生駒里奈 (10月24日、25日出演)
「秒速5センチメートル」の世界が、朗読劇という形で遂に皆様に届く事を本当に嬉しく思います。
私が演じさせていただく澄田花苗は、台本を読んだ時に、“私はこうやりたい!”“こんな花苗ちゃんを見せたい”と稲妻の様なトキメキが走ったのを覚えています。
稽古を通して、より澄田花苗を、そしてこの作品に対する思いを深めることが出来たと思います。
ご観劇される皆様、是非一緒にこの世界を楽しみましょう!!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着