RADWIMPS野田洋次郎、親友役で菅田将
暉と共演 映画『キネマの神様』への
出演が明らかに

2021年に公開される映画『キネマの神様』の新たなキャストとしてRADWIMPSの野田洋次郎が出演していることが明らかになった。
『キネマの神様』は、松竹映画100周念を記念した作品で、小説家・原田マハ氏による同名小説を映画化するもの。メガホンを山田洋次監督がとっている。主人公は無類のギャンブル好きで家族に見放されたゴウ。彼は、かつて映画の撮影所で働いた仲間で名画座の館主・テラシンとともに青春時代を過ごしていたが、ふたりがともに食堂の娘に恋心を抱いたことから、運命の歯車は狂い始める。本作でW主演・二人一役で主人公・ゴウを演じるのは、沢田研二菅田将暉。本作は、2020年1月にクランクインした当初、志村けんさんと菅田の初共演作となる予定だった。しかし、3月末の志村さん死去を受け、沢田が代わって出演することに。そのほか、宮本信子と永野芽郁の出演が発表されていた。
(c)2021「キネマの神様」製作委員会
新たに出演が発表された野田は、若き日のゴウ(菅田)とともに撮影所で青春を駆け抜け、映画に夢を見た盟友・テラシンを演じる。テラシンは、主人公のゴウと共に撮影所で映写技師として働き、「将来は自分の名画座を持ちたい」と熱く夢を語る真面目で誠実ながら、女性に対しては不器用という役どころだ。
野田はRADWIMPSなどの音楽活動だけでなく、俳優として2015年に公開した『トイレのピエタ』で初主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後もドラマや映画に出演しており、今年は NHK連続テレビ小説『エール』にも登場。本作で、山田洋次監督作品に初出演を果たす。また、菅田とは2018年のドラマ『dele』(テレビ朝日系)第4話のゲスト出演以来、約2年半ぶり二度目の共演となる。
出演を受けた野田のコメントは以下のとおり。
野田洋次郎
この度『キネマの神様』に参加させて頂きました。物心ついた時からずっと山田監督の映画の世界に触れていた者として、今回頂いたお話はどこか絵空事のようでした。山田監督の演出は明確で、緻密で、何より映画への愛が溢れ出していました。もっともっと触れていたいと、監督の話を聞いてみたいと終盤に向かうに連れ名残惜しくなりました。きっとご覧になった誰しもが映画の持つ魔法に心を強く打たれることと思います。『キネマの神様』をどうぞお楽しみに。
『キネマの神様』は2021年全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着