野村萬斎が「能楽の未来形である」と
賛辞 VR能『攻殻機動隊』プレスプレ
ビュー回のチケット販売&博多座公演
が決定

2020年11月28日(土)~29日(日)東京芸術劇場プレイハウスにて上演されるVR能『攻殻機動隊』。この度、本公演のプレスプレビュー回のチケット販売と、博多座公演が決定したことが発表された。
VR能とは様々な最先端技術を駆使し、世界初のVRメガネなしで仮想現実空間を再現し上演される能舞台。今回は日本が世界に誇るSF漫画の最高傑作である『攻殻機動隊』を能で表現。
演出は舞台『ペルソナ』シリーズや舞台版『攻殻機動隊ARISE』などを成功させてきた映画監督の奥秀太郎。脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『BLOOD』シリーズなどの脚本を務めた藤咲淳一。映像技術は舞台版『攻殻機動隊ARISE』、3D能シリーズなどで日本初の舞台での3D映像を開発してきた福地健太郎(明治大学教授)。VR技術は国内のVR研究での第一人者である稲見昌彦(東京大学教授)。いずれも各分野での最先端を駆け抜ける第一人者が担当している。
さらに、出演は坂口貴信、川口晃平、谷本健吾等、実力・知名度ともに現在の能のシーンを牽引する観世流能楽師たちだ。
8月21日(金)~23日(日)の3日間の日程で公演された本作。チケットは全日完売となり、満員御礼の状態で公演を終え、東京芸術劇場プレイハウスにて追加公演が決定している。
そんな中、本作を体験した狂言師の野村萬斎よりコメントが到着した。
野村萬斎コメント
攻殻機動隊と能を繋ぐVR、あの世とこの世、彼岸と此岸、虚と実を繋ぐ能楽の未来形である。

また11月公演のチケットも好評につき、マスコミ向けのプレスプレビュー回の座席も、一般向けに発売することが決定。さらに、公演は東京だけにとどまらず、福岡県・博多座での公演も決まった。博多座での公演は、『博多座未来能Vol.1』と題し、VR能に加えて一昨年公演された3D能も披露される。追加公演のたびにさらなる進化を遂げていっているVR能。果たして次はどんな進化をみせてくれるのか、体感してみてはいかがだろうか。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着