『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』タイ
ムテーブルを発表

幕張メッセイベントホールにて10月24日・25日の2DAYS開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』のタイムテーブルが発表された。
本公演は、新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じ、国の定めたガイドラインに添った限られた座席数で行われる。ソーシャルディスタンスを保った市松模様の限られた座席数になっており、安全を第一に考え、ゆとりを持ったレイアウトでの開催に。当日は密にならないことを徹底し、魔物シリーズ初のバンドセットなしの公演となっており、ステージ数は1ステージですべてのアーティストが楽しめる。
また、2日目の換気タイムデモンストレーション時に“60億分の1の煽りVアーティスト”、映像作家の佐藤大輔製作による「煽りVTR」が公開される。佐藤映像作品には欠かせない『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役、『銀魂』の長谷川泰三役などで知られる声優・立木文彦がナレーションを担当。そして、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』プロデューサー橋本吉史(通称・橋P)こと、中条ピロシキの出演も決定した。
会場にはアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』で異空間設計などを手がけた劇団イヌカレーの泥犬がデザインを手がけた入場ゲートが設置され、当日はコラボTシャツも数量限定で販売される。また『機動戦士ガンダム』シリーズで知られるメカニックデザイナー・大河原邦男によるオリジナルロボットも会場で初お披露目となる。
このほか会場には、SD JUNKSTAのメンバーであり、映像作家やマンガ家としても活動するGhetto Hollywoodが描き下ろしたグラフィティや、マンガ家の江口寿史が描き下ろしたイラストのフォトスポットも登場。マップ、グッズ、ポスターデザインはTBS系『水曜日のダウンタウン』のアートディレクションを手がける榛葉大介が担当した。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着