松尾太陽

松尾太陽

松尾太陽、配信ライブより
「The Brand New Way」と
「Hello」の映像を公開

ミニアルバム『うたうたいで』で9月にソロデビューしたばかりの松尾太陽が、アルバムの発売を記念して行われた生配信ライブの一部を、公式YouTubeチャンネルにて公開した。シックなスーツに身を包んで颯爽と、そしてエモーショナルに歌いあげる姿は、アーティストとしての急速な成長を感じさせること必至だ。

9月16日に開催された本ライブは、4ピースの生バンドを従えた即興性の高いステージで、アルバム収録曲を中心に全6曲を披露。その中から、今回はライブ後半戦の幕開けを飾った「The Brand New Way」と、最後に歌われた「Hello」の2曲が公開された。

作曲を堂島孝平、作詞を浅田信一という最強のタッグが手掛けた「The Brand New Way」は、バックバンドの軽快なインタールードに続いて「Clap! 」と煽りながらステージに飛び込んできた松尾の活き活きとしたパフォーマンスがとにかく印象的。アルバムのコンセプトであり自身の音楽ルーツでもある“City Pops"ド真ん中のナンバーということで、発売当初より強い愛着を示していただけに、華やかな音の中を泳ぐかのように自由な動きとハイテンションなボーカルから、歌うことへの喜びがひしひしと伝わってくる。そこでバンドメンバーと交わされるアイコンタクトや息の合ったグルーヴが、さらなる高揚感をかきたててくれるのだからたまらない。

また、「Hello」は当日のバンドマスターを務めた山口寛雄が作曲したナンバーで、音数を抑えたバンド演奏が松尾の思慮深い歌唱にしっくりと馴染み、小粋かつ奥深いムードを堪能させてくれる一品に。これから歩む道のりにどんな紆余曲折があろうとマイペースで突き進んでいこうと綴ったリリックを、一つひとつ噛みしめるように歌いあげる松尾の実直な瞳、そして繰り返される“Say Hello"のワードからは、シンガーとしての強い決意がうかがえる。そんなシリアスなメッセージをヘヴィになりすぎることなく、軽やかにステップを踏みながら届けるバランスの良さも魅力的だ。

エネルギッシュなドライブ感と静かに燃えるエモーションという対照的なステージを、こうして映像で大盤振る舞いしてくれるのは、ファンにとっても嬉しい限り。現在もオフィシャルチャンネルではカバー動画を頻繁に更新し、常に最新のエンタメをポジティブに発信し続ける松尾太陽から、今後も目を離してはならない。

「The Brand New Way」

「Hello」

松尾太陽

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着