松下奈緒、コンサートツアー2020『P
LAYLIST』かつしかシンフォニーヒル
ズ公演のオフィシャルレポートが到着

2020年9月19日(土)大阪・東大阪市文化創造館 Dream House大ホールを皮切りに、松下奈緒のコンサートツアー『JAバンク presents 松下奈緒 コンサートツアー2020“PLAYLIST”』が開催されている。10月24日(土)東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて行われたコンサートのオフィシャルレポートが到着した。

女優、ミュージシャンとして活躍中の松下奈緒。3歳からピアノを習い始め、音楽大学でピアノを専攻。大学在学中に出演した女優デビュー作となる2004年のドラマ『仔犬のワルツ』で、音楽的才能を活かして代役なしでピアノの演奏シーンを行なった。2006年に『アジアンタムブルー』で映画初出演、2008年に「日本レコード大賞」の司会を務めるなど、演技と音楽の両方のフィールドで活躍の幅を広げ、2010年に“朝ドラ”、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のヒロイン役で人気を確立。その後も女優としてドラマ『まんぷく』『アライブ がん専門医のカルテ』、映画『エンジェルサイン』などに出演し、JAバンクのイメージキャラクター(2010年から)を務め、イチロー氏との共演が話題となっている「ユンケルプレミアムシリーズ」のCMにも出演中。ミュージシャンとしても、これまでに7枚のオリジナルアルバム、2枚のベストアルバムなど、コンスタントに作品をリリースしている。そんな松下奈緒は現在、コンサートツアー『JAバンク presents 松下奈緒 コンサートツアー2020“PLAYLIST”』を展開中。9月19日(土)の大阪・東大阪市文化創造館 Dream House大ホールを皮切りに、22日(火)に地元・兵庫の神戸国際会館こくさいホールでの公演を経て、10月24日(土)には東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールで開催された。ファン層も幅広く、家族・親子で観にきている人も多く観られた。
バンドメンバーが登場した後、真っ赤なドレス姿で松下が登場し、ドラマ『トットちゃん!』のメインテーマ曲「Lovin’ You」でスタート。最初のMCで観客に挨拶をした後、コロナ禍の中、検温・消毒・換気・客席の間隔など、万全な対策の中で開催されたことに対して、「こんな時だからこそ音楽で元気になっていただきたいなって、自粛期間中もコンサートのことで頭がいっぱいでした。心配もありましたけど、開催できてよかった。今日、ソーシャルディスタンスを保っているでしょう? でも心の距離は“密”。心を一つに楽しい時間を過ごしたいと思います」と開催された喜びを語ると会場に温かい拍手の音が響いた。気になるコンサートの内容は、タイトルにもあるように「プレイリスト」をテーマに、松下奈緒がずっと好きで聴き続けている曲、ピアニストとして影響を受けた曲、松下自身が関わったドラマや映画、CMなどの楽曲、世界各国を訪れた時にインスピレーションを受けて作った楽曲など、オリジナルとカバーを織り交ぜたセットリストが組まれていた。
『JAバンク presents 松下奈緒 コンサートツアー2020“PLAYLIST”』  撮影:luckman
曲を演奏する前後に、その楽曲についてのエピソードが聞けるところも大きな魅力のひとつ。JAバンクのイメージソング「みんなのあした」の前に「優しくて温かくてお客さまに寄り添うイメージがあるので、この曲もあったかい気持ちで書いたので、安心感のある曲になったかなって思います」と話したり、ユンケルプレミアムシリーズの新CMの曲「Shiny Blue」ではイチロー氏との撮影の様子を話したり、“朝ドラ”メドレーの前には『ゲゲゲの女房』以前に『ちりとてちん』のメインテーマ曲にピアニストとして参加していたことなど、興味深い話で楽しませてくれる。
ほかにも、洋楽のカバーではデヴィッド・フォスターの「Winter games」を取り上げ、「小学一年の時、関西のFMラジオの交通情報で流れていた曲で、『なんてカッコいい曲なんだろう』って思って、いつか弾いてみたいという願望があったんです。今日は長年の夢を叶えたいと思いますし、皆さんにも好きになってもらいたいです」と、幼少期の思い出と絡めたエピソードも披露。さらに、大好きなディズニー映画の中からプリンセスもののテーマをメドレーで聴かせたり、小学校の卒業式の後で行われた謝恩祭で演奏して安室奈美恵の「CAN YOU CELEBLATE?」など10代の頃にハマっていたJポップの中から10曲を厳選して「ノンストップ青春メドレー」として演奏した。
「こんな時だからこそいろんなことを頑張っていかなければいけないと改めて思いました。大変な日々は続くと思いますけど、いつか、日常が戻ってくることを願って、『こんな時期だったけど、松下奈緒のコンサートに行ったなぁ』って、今日の日を忘れないでください。そしてまたツアーのどこかで皆さんと楽しい時間を過ごせる日を夢見ながら頑張りたいと思います。またお会いしましょう!」と呼びかけて、この日唯一のボーカル曲「うんとしあわせになろう」で優しい歌声を聴かせて、コンサートを締めくくった。
松下の奏でる美しいピアノの旋律とサポートメンバーの豊かなサウンドが融合して楽曲の世界へと観客を誘ない、MCでは親近感のある雰囲気を作っていく。“松下奈緒”の多面的な魅力に触れることのできる今年のツアーは、11月21日(土)の東京・Bunkamuraオーチャードホールを残すのみ。松下の言葉にもあるように、“こんな時だからこそ”音楽をゆったりと楽しんでもらいたい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着