信じるものを全うする愚直さ

何かを本気で追い求めるような衝動も胸を締め付ける甘酸っぱい感情も、気づいたときには抜け落ちてしまう。それを世の中は「大人になった」なんていうのかもしれないが、望んで手放した人がどれだけいたことだろうか。だからこそ青春を体現している人たちは、眩しいのかもしれない。そんなことをBrown Basketを聴きながら考えていた。

彼らは2016年に結成された歌ものロックバンドだ。青春を濃縮したような爽やかで軽快なサウンドと抒情的な日本語歌詞を紡いでいる。
Brown Basketの音楽に新しさはないかもしれない。しかし、だからこそ誠心誠意で伝えようという心意気が見える。嘘の言葉はリリックにしないし、自分たちが本当になりたい音しかならさない。信じるものを突き詰める真っ直ぐさこそ、彼らの内なる魅力なのではないだろうか。

先日配信が開始された「BY MY SIDE」は、コンピレーションアルバム『NEO STANDARDS』に収録された1曲。がむしゃらで熱くて、まっすぐ。孤独を感じてしまう夜に、自分の足で立つ強さをくれるナンバーだ。

Brown Basket アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着