「灼熱カバディ」元不良の水澄京平役
に鈴木達央 過去の弱みを握られカバ
ディ部へ

(c)2020 武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会 インド発祥のスポーツ「カバディ」をテーマにしたテレビアニメ「灼熱カバディ」に、鈴木達央の出演が決定した。能京(のうきん)高校カバディ部に所属する、2年生の水澄京平(みすみきょうへい)を演じる。
 鈴木が担当する京平は、中学まではケンカに明け暮れる不良だったが、高校入学を機にキャラ変更。しかし、カバディ部副部長の井浦慶(CV:古川慎)にそのことを知られ、弱みを握られる形でやむなくカバディ部に入部することになったという役どころだ。公式サイト(https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/kabaddi/character/chara01/chara01_05.html)では、京平が「カバディ」と連呼する“キャント”の音声も公開している。
 鈴木は「京平と共にカックイイカバディを目一杯お届けしますので、楽しみに待っていてください! カバディ! カバディ!! カバディ!!! カバディ!!!! カバディ!!!!! カバディ!!!!!! カバディ!!!!!!!」とコメントしている。なお、11月3日にも新たなキャスティングが発表予定だ。
 「灼熱カバディ」は、武蔵野創氏が小学館の漫画アプリ「マンガワン」ほかで連載している同名作品のアニメ化。能京高校への入学を契機にスポーツから離れたサッカーの有名選手・宵越竜哉(内田雄馬)が、王城正人(岡本信彦)率いるカバディ部からの勧誘を受け、“走る格闘技”とされるカバディにのめり込んでいく姿を描く。アニメーション制作は「名探偵コナン」「弱虫ペダル」のトムス・エンタテインメントが行う。

新着