新国立劇場、2020/2021シーズン オ
ペラ『トスカ』、バレエ「ニューイヤ
ー・バレエ」公演の実施が決定

新国立劇場が、2020/2021シーズン オペラ『トスカ』、バレエ「ニューイヤー・バレエ」ついて、新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底し、公演実施することを本日2020年10月30日(金)に公式サイトにて発表した。
【実施公演】
■オペラ『トスカ』
日程:2021年1月23日(土)~2月3日(水)
会場:新国立劇場 オペラハウス
■バレエ「ニューイヤー・バレエ」
日程:2021年1月9日(土)~11日(月・祝)
会場:新国立劇場 オペラハウス
オペラ『トスカ』はプッチーニの作品でも特に人気の高いオペラ。マダウ=ディアツ演出は作品の真髄をイタリアの伝統的な演出手法で描いている。第1幕終盤の「テ・デウム」をはじめ、19世紀ローマを模した荘厳重厚な舞台や衣裳が大きな見どころとなり、新国立劇場のレパートリーの中でも屈指の人気を誇る。冒頭のカヴァラドッシの甘美なアリア「妙なる調和」、トスカの絶唱「歌に生き、恋に生き」、カヴァラドッシの告別の歌「星は光りぬ」など全編に人気アリアが散りばめられ、1日を切り取った緊迫したドラマと共に、声のエンターテインメントとして歌手の技量も存分に楽しめる作品となっている。
オペラ『トスカ』 撮影:寺司正彦
トスカ役には“トスカ歌い”に名乗りを上げた新進ソプラノのイゾットンを、カヴァラドッシには世界屈指の人気テノール、メーリを迎えておくる。指揮はイタリア・オペラで絶大な信頼を集めるカッレガーリ。
現時点では発表済のキャスト、指揮者での上演を予定しているが、出入国制限の状況により変更となる場合がある。また、今回は、新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を講じた新時代の生活様式に基づき、演出の一部を変更して上演される。
バレエ「ニューイヤー・バレエ」は、新国立劇場バレエ団では定番となりつつある新春の幕開けとなる公演。久方ぶりの上演となる古典バレエの『パキータ』では、新春らしい華やかな踊りの数々が楽しめる。また、ビントレーの人気作『ペンギン・カフェ』も待望の再演。小品集では、本年9月に逝去した故・深川秀夫振付の『ソワレ・ド・バレエ』を追悼の意を込めて再演する。さらに、新国立劇場バレエ団ダンサーにより振付された作品の中から、『Contact』『カンパネラ』を上演。新国立劇場バレエ団ならではの、多面的な魅力を存分に堪能できるプログラムとなっている。また、米沢唯、渡邊峻郁など、主要キャストも決定した。
バレエ「ニューイヤー・バレエ」より 『パキータ』 撮影:Takuya Uchiyama
バレエ「ニューイヤー・バレエ」より 『ペンギン・カフェ』 撮影:鹿摩隆司
なお、本公演に来場を予定している方は、来場前に、新国立劇場ウェブサイトに掲載の【新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い】を必ず一読ください、とのこと。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着