井上芳雄、紅ゆずるからオススメ公演
コメントが到着 『WOWOW presents
勝手に演劇大賞2020』が今年も開催

今年も『WOWOW presents 勝手に演劇大賞2020』が開催されることが決定した。
演劇ファンが、その年に上演された作品の中から最も輝いていたと思う作品・演出家・俳優をWEB投票し、選ばれた人たちを勝手に表彰するという本企画。WOWOWの放送演目に限らず、2020年に上演された全ての作品(映像で視聴された作品も含む)を対象に投票を行う。
新型コロナウイルスで公演の延期・中止が相次ぎ、演劇界には厳しい1年となった2020年。11 回目の開催となる「勝手に演劇大賞」で、コロナに負けずに素晴らしい世界を見せ続けた演劇界をと盛り上げる。
なお、投票した人の中から抽選で5 名にWOWOWオリジナルミュージカルコメディ『グリーン&ブラックス』のグッズが5点セットになった“「グリーン&ブラックス」特製 5 G セット”をプレゼント。誰でも投票に参加できるので、熱い1票を投じてみてはいかがだろうか。
開催を記念して、WOWOWオリジナルミュージカルコメディ『グリーン&ブラックス』に出演する井上芳雄と、WOWOWで放送中の番組『宝塚プルミエール』のナレーターも務める元宝塚歌劇団星組トップスター・紅ゆずるからコメントが到着。それぞれにとって最も輝いていた作品について語っている。
井上芳雄コメント
井上芳雄
作品:ベイジルタウンの女神
今年は残念ながらほとんど劇場に足を運ぶことができず、この作品も配信で拝見しました。とにかく、今の時期にゼロからこの物語が生み出されて、素晴らしいクオリティで無事に上演され、リアルタイムで自分も配信で楽しませてもらっている現実に、なんだか奇跡を見ているようでした。
オープニングから一気にベイジルタウンの世界に引き込まれ、最終的には登場人物たちの気持ちと一緒になって泣き笑いしてエンディング。お伽話のようでいて、自分たちの毎日も省みながら、希望までもらえてしまうんです。
もちろん演劇は劇場で体験できるのが最高ですが、この作品は自宅のタブレットで見ても最高でした。
やっぱりケラさんはすごいなぁ!
紅ゆずるコメント
紅ゆずる
作品:ミュージカル『ビリー・エリオット』
この物語は廃れた炭鉱町の腐敗的な背景の中、11歳の少年ビリーエリオットが、偽りなく心のままに自分がやりたいクラシックバレエに情熱を注ぐというストーリー。
そんな中、ビリーエリオットを取り巻く環境、人物が詳細に描かれていて、色々な視点から物語を観ることができる素晴らしい作品でした。
ストライキの迫力とビリーの生き様を上手くリンクさせている場面は圧巻で、ビリーという一人の少年から発せられるボルテージに父親、兄、祖母、クラシックバレエの教師、炭鉱の人々が、ビリーと自分への希望を見出していくそれぞれの姿に心震えました。夢を叶えられる人とそうでない人、夢を追うことが出来なかった人たちの人生も詳細に描かれていて、希望を持って明るく生きていこうとする気持ちというのは、人にどれだけの影響を及ぼすのかということを改めて感じることのできた作品でした 。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着