MONO NO AWARE、学校を舞台にした単
独ライブを「LIVEWIRE」にて生配信

MONO NO AWAREが配信ライブ『MONO NO AWARE 学校ライブ2020』を11月28日(土)にスペースシャワーが手がけるオンライン・ライブハウス「LIVEWIRE」にて実施する。

劇場アニメ『海辺のエトランゼ』主題歌として書き下ろした最新シングル「ゾッコン」では青春ラブ・ソングを歌い、昨年10月リリースのコンセプト・アルバム『かけがえのないもの』では幼少期から青年期にかけての子どもの成長と青春をテーマを描き出したMONO NO AWARE。バンドのこれまでの流れを総括するべく、今回は学校を舞台にした単独ライブを行うという。

本公演のチケットは本日11月2日(月)より 「LIVEWIRE」オフィシャル・サイト(https://livewire.jp) にて発売がスタートしている。

【玉置周啓(MONO NO AWARE) コメント】

なぜ子どもたちは走り回るのだろうか。そして隅っこで突っ立っている子は何を考えているのか。
謎の詰まった箱、学校でライブします。よろしくお願いします。


【配信情報】

『MONO NO AWARE 学校ライブ2020』

日時:2020年11月28日(土) OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥2500 / 当日 ¥3000
配信:LIVEWIRE
出演:
MONO NO AWARE

チケット販売(livewire)(https://livewire.jp) :11月2日(月)19:00〜12月6日(日)21:00

※アーカイブ視聴:生配信終了〜12月6日(日)23:59

お問い合わせ先:livewire@spaceshower.jp

■ MONO NO AWARE オフィシャル・サイト(http://mono-no-aware.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着