No Lie-Sense

No Lie-Sense

No Lie-Sense(鈴木慶一+KERA)、
宇川直宏の『SUPER DOMMUNE』に登壇

鈴木慶一(ムーンライダーズ)とKERA(有頂天)のユニット、No Lie-Senseのニューアルバム『駄々録~Dadalogue』は、2020年の気分を諧謔性に溢れたユニークな歌詞に表現し、サウンド面では日本古来の伝統芸能や海外由来の民族音楽のエッセンスをふんだんに取り入れた作品性に高い評価を得ている。

本作品の魅力をさらに掘り下げるべく、No Lie-Sense(鈴木慶一+KERA)の2人が、現代日本のアートカルチャーシーンの最先端を走り続ける宇川直宏の『SUPER DOMMUNE』に登壇! 11月7日(土)20時から『ダダイズムとバカの荒野』と題し、バカ田大学(名誉理事長:赤塚不二夫、学長:赤塚りえ子、副学長:宇川直宏)エクストリームアート学部・駄々学科の講師として鈴木慶一教授とKERA教授、ゲストに春風亭昇太(落語家)を迎え、アルバム『駄々録~Dadalogue』のキーモチーフとなったダダイズムに焦点を当て、作品の魅力に迫る90分をお楽しみに。

また、アルバム『駄々録~Dadalogue』に寄せられたコメントも公開。音楽のジャンルを超え、各界のエンターテイメントを代表する著名人多数から絶賛の声が届いている。

【アルバム『駄々録~Dadalogue』
コメント】

アルバム発売、おめでとうございます!!
一度聴いたら、ついついもう一度かけて、終わったらまたかけて、またまたかけて……Groovyでアディクティヴ!
聴くたびに毎回新鮮な発見あり!コラージュあり、ギャグあり…、まだまだいろんなものが入ってて、いろんな切り口で楽しめる!「デコッ八」聴き逃しません。
音の面白さだけじゃなく、音が自分の脳裏で映像化される面白さ。気持ちイイ!小気味イイ!!
まさしく開放と解体!素晴らしくブッ飛んだアルバムをありがとうございます!!シェーーッ!!
赤塚りえ子(フジオプロ代表、アーティスト)

「大人は手がつけられないということをみんなが知るべきだ」
いとうせいこう(作家・クリエーター)

子供の頃テレビをつけるとやっていたビング・クロスビーとボブ・ホープの二人組、映画「珍道中」シリーズを思い出した。
歌いながらずっと旅をしている二人組。そんな楽しさを満喫。でも、よく聞くと、今回、その旅する国が、とんでもない。
でも、二人は歌を歌うのは止めない。笑いながら、止めない。
ナンテコッタイ!美女はどこへ行った?
ドロシー・ラムーアはどこにいるんだよ。
そんな、声がずっとしている。
(若人は、わからない単語は、検索してください)
犬童一心(映画監督)

奇妙でレトロで小粋で知的でおバカで洒落すぎない洒落おつの 
行くとこ行って帰って来たような兎に角なんだかスバらかしいアルバム登場。
『PRE AFTER CORONA SHOW』エンディング曲「マイ・ディスコクイーン」は わしにとって2020年の忘れられない代表的ポップチューンとなったのでR♪
犬山イヌコ(女優・声優・ナレーター)

注文の多いエスプリで曲がりくねった梯子酒 (おすすめ)
岡村靖幸(音楽家)

こだわりがあって、とてつもなく自由で、真剣に遊んでいて。
いいなー、楽しいなぁー、才能があるって素敵だなー。
楽しくなっちゃう、旅したくなっちゃう、宇宙にも行けちゃう1枚です。
大竹しのぶ(女優)

もう~ご機嫌!自由だなぁ。これを創ってる二人の関係が羨ましい。
嗚呼、全ての仕事をリタイアした日に好きな酒呑みながら、夜の草原で聞きてぇ~。って感じ!
春風亭昇太(落語家)

ジャケも和カオス(ワカオ)ですが、いい歳した大人が二人して
楽しくケラケラやってそうですね。
2035年の珍盤レア盤入り決定
TOWA TEI(音楽家)

うー、見ちゃったわよ聴いちゃったわよ。
あーあ、あたいの子宮の中でせっかく眠ってた、汚れちまった悲しみも、風狂のですぺらも、みんなみんな起きちまったじゃないかい。
まったく厄介なもん作ってくれたわね。フーゴ・バルの円筒服も憎いほどお似合いだし。
なによ21世紀の居残り佐平次なんてダダダダダダダ抱きしめたいわ♪
もう『駄々録』ったら、ラブラブラブだわよ。
馬場憲一(演芸プロデューサー)

三枚目発売おめでとうございます!
聴けば聴くほど、自分は今何を聴かされているんだろう!?
というナンセンスな混乱の気持ち良さに翻弄される。
ムーンライダーズの私的大好物アルバム「カメラ=万年筆」が映画のサントラ的なら、「駄々録〜Dadalogue」は、なんとも演劇的。
KERAさんと慶一さんの見事な二人芝居のサントラだ。
これぞ2020年型ニューウェーブ(笑)そしてなんとも昭和的!必聴!   
みのすけ(俳優・ミュージシャン)

なんだろ。これ聴いてるとなんか、ワクワクしてくる。ま、いっか!って気持ちになる。
もしも落ち込むことなんかあったら、この曲達を口ずさんでみよっと。そんなアルバム!
宮沢りえ(女優)

我が音楽のカリスマと我が演劇の同志との化学結合から聴こえるのは、世の中への切実なる怒り、お互いへのリスペクト、音楽への飽くなき好奇心。何よりお二人が心底楽しそうなのが良い。
快作、傑作。出来うるなら早くLiveが観たい!
山西惇(俳優)

【SUPER DOMMUNE番組情報】

映画も演劇もライブもテレビも、もちろん仕事場も学校も社交場も宴会場もデートスポットも、何もかもがZOOMよろしくスプリットスクリーンにレイアウトされてしまった、2020年。妖怪アマビエで疫病退散を願った今年は、赤塚不二夫13回忌。「すべての学問は、赤塚不二夫に通ずる!」を仮説に、ほとんどの大学がリモート化したコロナ禍において、「バカとは何か?」を研究理念とし、実写版バカ田大学が、日本におけるライヴストリーミングスタジオの元祖=SUPER DOMMUNEで開講!

現代日本のアートカルチャーシーンの最先端を走り続ける「宇川直宏」のSUPER DOMMUNEから、ガチのエクストリーム講義をライブストリーミング!東大、京大、早稲田大、東京芸大、などのアカデミックなリアル大学教授から、音楽、演劇、芸術、各界のハードコア文化人までが、赤塚漫画の、キャラクター、ギャグ、漫画理論、文化的価値、そして赤塚不二夫先生本人の物語を絡めた学術研究を講義!!「バカッ・トゥ・ザ・フューチャー!」な日本一エクストリーム偏差値の高い大学を開講するのだ!!

記念すべき、プレ講義の11月7日(土)、20時からは「ダダイズム」の講義。「ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム」ウルトラ怪獣ダダの声じゃないのだ。1924年に日本で創刊されたダダイズムの本のタイトルなのだ。
否定と攻撃と破壊の芸術、それがダダなのだ・・・・・

鈴木慶一、KERAのNo Lie-Senseと春風亭昇太が赤塚不二夫のダダ氏とともに、チューリヒのキャバレーヴォルテールにいる気分で、吠えるぞー!
ダダ ダダ ダダ ダダ ダダ・・・・・・・・・これでいいのだだ・・・・ダダ!!

題して『ダダイズムとバカの荒野』受講しないと、死刑なのだダダダ!!!!

日時:11月7日(土)20:00〜21:30 SUPER DOMMUNEにて配信
テーマ:『ダダイズムとバカの荒野』
講師:バカ田大学 エクストリームアート学部・駄々学科 鈴木慶一教授・KERA教授(No Lie-Sense)
ゲスト:春風亭昇太(落語家)
場所:東京・渋谷PARCO9F「SUPER DOMMUNE」
https://www.dommune.com

アルバム『駄々録~Dadalogue』2020年7月29日(水)発売
    • 【CD盤】
    • COCB-54298/¥3,300+税
    • <収録曲>
    • 01. ah-老衰mambo
    • 02. マイ・ディスコクイーン
    • 03. ダダトリウム/ダダトリアム
    • 04. ライ・ライ・ライ/ Lie, Lie & Lie
    • 05. D氏、7度目の散策
    • 06. 我等が世は No Anthem-Sense Version
    • 07. Cs.佐平次
    • 08. 鳥巣田辛男ショウ(歌は取引〜山に登れば〜銭恋し〜男と女の指使い〜 ツキナミナジジイ〜肉っぽい世界〜タブラのリズムは愉快なリズム)
    • 09. チョンボマンボ
    • 10. 偽駄々師、咆哮
    • 11. アイランダーズは鳥と人間です
    • 12. ケンタウロスの子守唄
    • 【アナログLP盤】(2枚組)
    • COJA-9386/7/¥5,500+税
    • <収録曲>
    • ■Side-A
    • 01. ah-老衰mambo
    • 02. マイ・ディスコクイーン
    • 03. ダダトリウム/ダダトリアム
    • 04. ライ・ライ・ライ/ Lie, Lie & Lie
    • ■Side-B
    • 05. D氏、7度目の散策
    • 06. 我等が世は No Anthem-Sense Version
    • 07. Cs.佐平次
    • 08. 鳥巣田辛男ショウ(歌は取引〜山に登れば〜銭恋し〜男と女の指使い〜 ツキナミナジジイ〜肉っぽい世界〜タブラのリズムは愉快なリズム)
    • ■Side-C
    • 09. チョンボマンボ
    • 10. 偽駄々師、咆哮
    • 11. アイランダーズは鳥と人間です
    • 12. ケンタウロスの子守唄
    • ■Side-D
    • 13. 明日の朝、僕は眠る
    • 14. 鳥巣田辛男ショウ 商店街Version
No Lie-Sense
春風亭昇太
バカ田大学
赤塚不二夫、春風亭昇太
アルバム『駄々録~Dadalogue』【CD盤】
アルバム『駄々録~Dadalogue』【アナログLP盤】(2枚組)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着