オープニング曲は「YOASOBI」の楽曲「怪物」

オープニング曲は「YOASOBI」の楽曲「怪物」

「BEASTARS」第2期オープニング曲は
「YOASOBI」 原作者書き下ろし小説
をもとに楽曲制作

オープニング曲は「YOASOBI」の楽曲「怪物」 板垣巴留氏の人気漫画が原作のテレビアニメ「BEASTARS」第2期のオープニング曲が、2人組ユニット「YOASOBI」の楽曲「怪物」に決定。同曲の一部を収録した新PVも完成した。
 「YOASOBI」はコンポーザーのAyase、ボーカルのikuraで構成され、「小説を音楽・映像で具現化するユニット」として活動。デビュー曲「夜に駆ける」のストリーミング再生回数が2億回を突破するなど、高い注目を集めている。新曲「怪物」は板垣氏が書き下ろしたオリジナル小説をもとに制作され、Ayaseは「BEASTARSという一つの物語、その世界観、そして原作となるオリジナル小説につづられたレゴシの葛藤、悶々とした気持ち、その中から導き出した彼の決意を、この『怪物』という楽曲に詰め込みました。大好きな作品のアニメ第2期、新たな幕開けのタイミングでこうやって携わることができること、本当にうれしく思います」と話している。
新PVの一場面(c)板垣巴留(秋田書店)/BEASTARS製作委員会 一方のikuraは「板垣巴留先生の書き下ろしてくださったオリジナル小説を基に、主人公レゴシの熱い思いと動物世界の混沌とした空気感を精いっぱい歌声に込めさせていただきました。YOASOBIとして新たな扉を開いた楽曲になっています」と説明。板垣氏は、「BEASTARSを描くにあたり心掛けてきた、思春期の厳しさ、どうしようもなさと、心の進化をYOASOBIさんが素晴らしい音楽にのせてくれました。1曲にここまでBEASTARSのテーマを詰め込んでくれたことに感謝します。すごすぎ!」と同曲を絶賛している。
 本作は、直立歩行する肉食獣と草食獣が共存する世界を舞台に、動物たちがさまざまな欲望に翻弄され、愛に苦悩する姿をつづる“動物版青春群像劇”。第2期は、チェリートン学園で起きた食殺事件の本質に迫り、裏市ではシシ組の残党が“新生シシ組”として再び力をつけはじめる。新PVは、疾走感あふれるオープニングテーマに乗せて、食殺犯にぶつかるレゴシ、裏市で暗躍する新生シシ組が映し出される。
 「BEASTARS」第2期は、2021年1月6日からフジテレビ系「+Ultra」ほかで放送、Netflixで1月5日から独占配信される。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着