歌うことの喜びに満ちて 水樹奈々主
演、ミュージカル『ビューティフル』
ゲネプロレポート

「イッツ・トゥ・レート」「ユーヴ・ガット・ア・フレンド」「ア・ナチュラル・ウーマン」といった名曲の数々で知られるアメリカの女性シンガー・ソングライター、キャロル・キング。彼女の手がけた楽曲及び同時代のヒット曲の数々でその人生を綴るブロードウェイ・ミュージカル『ビューティフル』が、帝国劇場にて3年ぶりに再演されている。水樹奈々がキャロル・キングとして登場したゲネプロを観た(11月4日(水)18時半)。
水樹奈々 写真提供/東宝演劇部
16歳のキャロルは、2学年飛び級してカレッジに通う早熟な少女。母ジニー(剣幸)の反対にもめげず、自作曲をプロデューサー、ドニー(武田真治)に売り込むことに成功する。同じカレッジに通うジェリー(伊礼彼方)と恋に落ち、二人で作詞作曲チームを組むことに。やがてキャロルは妊娠し、幼な妻として仕事と子育てに邁進する。二人のよきライバルは、バリー(中川晃教)とシンシア(ソニン)のコンビ。病気ノイローゼのバリーと時代の最先端を行くいい女のシンシアも恋に落ちるが、二人はなかなか結婚へと踏み出せない。ヒット曲を連発する四人だったが、いつしか時代は変わり、自作曲を歌う歌手たちが増えてきていた。郊外での落ち着いた生活を好むキャロルと、都会での刺激的な生活を求めるジェリー。時代に取り残されるとの焦燥感にも苛まれ、ジェリーは精神的に追いつめられるようになり……。
水樹奈々 写真提供/東宝演劇部

(左から)水樹奈々、ソニン 写真提供/東宝演劇部
(左から)伊礼彼方、中川晃教 写真提供/東宝演劇部
水樹キャロルは、劇中キャロルが自身を語るセリフにもあるように、「普通」という言葉がしっくり来る印象。仕事も、夫ジェリー含む他者とのコミュニケーションも、きちんとやっているように見受けられる。だからこそ、ジェリーとの夫婦関係が齟齬をきたしていく様が、何ともやりきれないものとして映る。そんなキャロルが、希望を見出していくのが、音楽、歌うことである。友人たちに促され、緊張してしまうが故に封印してきたライブ・パフォーマンスに遂に挑む「イッツ・トゥ・レート」は、歌うことの喜びに満ちている。低音に実に迫力があるところはいかにもキャロル・キングを思わせ、その迫力こそが、ときにストレートには表現できない女心を物語るものとなっている。
水樹奈々 写真提供/東宝演劇部
(右から)伊礼彼方、水樹奈々 写真提供/東宝演劇部
(左から)武田真治、中川晃教、ソニン、水樹奈々 写真提供/東宝演劇部
夫ジェリーを演じる伊礼彼方は、才能の限界を自身知っているような哀しみの表現が光る。バリーを演じる中川晃教は、シリアスに傾いてもおかしくないこの作品の中で、ひょいと出すユーモアが清涼剤となっている。オリジナルの楽曲の魅力をよくよく研究して自身の中に落とし込んだことがうかがえる歌唱で、「フー・プット・ザ・ボンプ」での弾むような歌声は、その声帯が楽器であるかのよう。そんな中川バリーにピシッと突っ込むスパイシーな物言いが爽快なシンシア役のソニンは、金髪&時代の最先端を行くファッションもよく似合い、アメリカン・ガールのコケティッシュさで魅せる。そんなソングライターたちのボスであるプロデューサー、ドン役の武田真治は、にこりともしない中で繰り出すニヤリとさせる面白みが楽しい。

(左から)水樹奈々、伊礼彼方 写真提供/東宝演劇部

(左から)剣幸、中川晃教、武田真治、ソニン 写真提供/東宝演劇部
ザ・ドリフターズ 写真提供/東宝演劇部
キャロルとジェリー、バリーとシンシア、四人が手がけたヒット曲の数々のパフォーマンスがポップに華やかに繰り広げられるのも魅力。歌舞伎の早替りやフィギュアスケートの衣装チェンジのようなあざやかな趣向も凝らされていて、ファッション的にも楽しめる。カイリー・ミノーグが1987年にカバーした「ロコモーション」や、マルティカが1989年にカバーした「アイ・フィール・ジ・アース・ムーブ」など、一度はどこかで耳にしたはずのナンバーもふんだんにちりばめられていて、『ドリームガールズ』や『メンフィス』、そしてもちろん『ジャージー・ボーイズ』など、アメリカ音楽業界バックステージものに心ひかれる方なら大いに楽しめる作品である。
シュレルズ 写真提供/東宝演劇部
ライチャス・ブラザーズ 写真提供/東宝演劇部
水樹奈々 写真提供/東宝演劇部
取材・文=藤本真由(舞台評論家)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着