SEPTプロデュース公演 STU48「Selfi
sh amity’s」初日公演開催

2020年11月10日、STU48号船上劇場での舞台「Selfish amity’s」の、初日公演を開催した。「Selfish amity’s」とは我が儘な友情の意、造語。本公演は、SEPT・杉浦タカオ氏によるプロデュースで、STU48にとって初の試み船上劇場公演。

物語の舞台は船上劇場STU48号、船でのラスト公演の日STU48 1stシングル「暗闇」からスタート。曲が終わるとSTU48キャプテンでもありこの舞台上でのリーダー役アン(今村美月)の「皆さん、ありがとうございました!これからも私たちの旅は続きます、だから応援よろしくお願いします!」で始まる。

始まりなのに締めくくりのようなスタートで物語は始まる。やがて船は大きく揺れ事件は起こる。時間はタイムループ!!
©STU

©STU

©STU

©STU

皆の名前も分からなくなってしまうメンバー達、新たに付けられた名前は数字にまつわる名前。必ずタイムループする時間は午後6時48分5秒。最後は「本当にありがとう。ここからもう1度スタートしよう。みんなで!」一同で新しい時間を感じながらステージは暗転に。「船が最後にもう1度大切なことを教えてくれた。これから始まる新しいスタートみんなで作り上げていきましょう」の言葉とともに5thシングル「思い出せる恋をしよう」で舞台は幕を閉じた。

物語は数字、時間、を通してメッセージを私たちに伝えてくれているように感じる。
現在の私たちでありながら私たちではないだけど私たちを感じさせてくれる物語。

STU48号が無かったら生れなかった作品。稽古中には感情が入りすぎて涙するメンバーも。この公演が教えてくれるメッセージを感じながら演じるメンバーの成長にも注目だ。

STU48を知らない方にはこのようなメンバーがいて歌もダンスも演技もできる子がいる事を伝えれる作品。STU48を応援してくださってる方にはメンバーと船との物語、来春役目を終えてしまう船への思いを感じながら観て頂ける作品になっている。

今後はWキャストの2期研究生の舞台、1期生、ドラフト3期生、2期研究生による混合の舞台も予定。キャストが変われば感じ方も変わる何度でも観て頂きたい作品となっている。
©STU

©STU

囲み取材でのコメント

アン役 今村美月
SEPTさんはいつも私たちのそばにいるわけではないのに私たちに寄り添った舞台を作っていただき本当に感謝しています。
公演のメッセージを感じながらしっかりと受け止めながらこの船でこの公演を演じていきたいです。

フユ役 甲斐心愛
初めての舞台で迷うことがたくさんありましたが、この10人は本当に個性が強くて楽しくできました。文字だけの台本なのにこんなにも稽古ごとに楽しめる、感じ方が変わることに感動しました。

ノナ役 瀧野由美子
普段の自分とは違う役柄で戸惑いました。私は普段あまり感情を出す方ではないですがノナは全く逆でストイックでスペック高くそこは見習っていかなければと思いました。普段の自分の中にもノナが生き続けたらな、この役を通して自分の思いを強い意志を持てるようになりたいと思いました。
この公演を通じてみんなとの絆が深まったと思います。

フォウ役 薮下 楓
SEPTさんにはたくさんのものを学ばせてもらいました。緊張しましたがメンバーと目が合うと安心感があり自分自身もすごく成長できた舞台になったのではないかと思っています。
©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

SEPT杉浦タカオコメント

以前SEPTに主演として出演してくださったキャプテン「今村美月」さんのひたむきな姿勢と、役への愛情、そして物語への探究力にSEPT一同、とても感銘を受け、SEPTのテーマである「音楽」と「お芝居」の融合を軸に、STU48さんとコラボした時、どんな化学反応を起こすのか、とても興味深く、一緒に新しい挑戦をしてみたいと思いました。

 STU48の皆さんは揃って礼儀正しく、純粋で、透明感が溢れていて、かと思えば悔しくて涙を流し、食らいつく熱い一面もあって。そのある種”矛盾”とも取れる二つが共存しているところが魅力だと感じています。とにかく一人一人の個性がめちゃめちゃ面白い(笑) そんな彼女たちの個性が混ざり合い、時にぶつかり合うことで、他にはない輝きを放っているのだなと感じています。

 今回脚本を起こすにあたり、 皆さんと話してSTU48メンバーとスタッフの”船”への熱い思いから新たな一歩を踏み出す「その前の助走」になれるように、物語のステージに船を選ばせていただきました。メンバーたちが読んだ時、現実とリンクするような瞬間を散りばめて、全ての想いを受け止めて、新たな一歩を踏み出す彼女たちの成長を見届けてくれたら嬉しいです。
 今回の物語はメンバーの皆さんであって、皆さんではない、そんな並行世界のお話を、さらに現実世界で起こりえない「タイムリープ」を題材に描かせていただいました。

歌あり、芝居あり、ダンスあり。普段のSTU48さんの公演では絶対に見られない新しい一面を、SEPTの特色でもある総合エンターテイメントを楽しんでいただけたらと思います。
11人目のキャストとしてSTUスタッフさんの登場も見どころです(笑)
余談ですが僕自身生まれは岡山県ということもあり、勝手にご縁を感じております(笑)
今村美月 ©STU

今村美月 ©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

瀧野由美子 ©STU

瀧野由美子 ©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

©STU

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着