折坂悠太、半年ぶりのニュー・シング
ル「春」リリース決定 映画『泣く子
はいねぇが』主題歌

折坂悠太がおよそ半年ぶりとなる新曲「春」を11月18日(水)にリリースすることが発表された。

2019年にはフジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』の主題歌を担当、今年4月にはコロナ禍を予見したような「トーチ」を発表。また、これまでの活動を総括したライブ盤『暁のわたし REC2013-2019』のリリースや、自主制作時代の作品をアナログ・レコード化するなど、精力的な活動をみせる折坂悠太。
今作は映画『泣く子はいねぇが』の主題歌として書き下ろした作品。主演の仲野太賀の強い推薦がきっかけとなりオファーを受け、折坂同様、平成元年生まれの監督・佐藤快磨とのやりとりを経て完成したという。<確かじゃないけど 春かもしれない>と繰り返される民謡調の歌に合わさり、移り変わっていく景色のように展開していく伴奏。自粛期間の最中で制作された本楽曲には、そうした変化への想いが込められているという。

【佐藤快磨(監督) コメント】

確かじゃないけど春かもしれない。エンドロールに『春』が流れたとき、登場人物たちのそれからを思わず想像していました。不甲斐ないですが、『春』で映画『泣く子はいねぇが』は完成したのだと、そのとき初めて分かりました。折坂さんには心から感謝しています。折坂さんにお願いできて本当によかった。これからも迷うばかりの人生が続いていくと思いますが、立ち止まるたびにそっと春を思い出します。

【仲野太賀 コメント】

折坂悠太さんの歌声がエンドロールで流れた時、鳥肌が立ちました。
僕自身が折坂さんの歌に勇気づけられたように、僕が演じた頼りない男の人生もまた、この歌によって前に進む事ができるんだと思いました。浮き沈みのある人生の四季に、不確かではあるけど愛と矛盾に満ち溢れたラストシーンの先に、いつか春は訪れる。素晴らしい楽曲を提供してくださって、本当に感謝しかありません。折坂悠太さんの「春」、是非聴いてみてください。


【リリース情報】

折坂悠太 『春』

Release Date:2020.11.18 (Wed.)
Label:Less + Project.
Tracklist:
1. 春

折坂悠太 オフィシャル・サイト(https://orisakayuta.jp/)


【映画情報】

『泣く子はいねぇが』

11月20日(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー
出演:仲野太賀 吉岡里帆 寛一郎 山中崇 / 余貴美子 柳葉敏郎
監督・脚本・編集:佐藤快磨
主題歌:折坂悠太「春」(Less + Project.)
企画:是枝裕和
エクゼクティブ・プロデューサー:河村光庸
プロデューサー:大日向隼、伴瀬萌、古市秀人
企画協力:分福
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ
製作:『泣く子はいねぇが』製作委員会
(c)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

■ オフィシャル・サイト(https://nakukohainega.com/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着