「ワンダフル・トゥナイト」
「レイ・ダウン・サリー」を収録した
エリック・クラプトンの
『スローハンド』

461以降のアルバム

その後にリリースしたレゲエやゴスペル色の濃い『安息の地を求めて』(’75)は、マーシー・レヴィ(Vo)が加わり、ヴォーカル面の強化が図られている。アルバム自体はバンドのリハーサルのために作ったのかと思えるぐらい、リラックスムードが漂っている。

続くライヴ盤『エリック・クラプトン・ライヴ』(’75)は、彼のルーツであるブルースとブラインド・フェイス時代の曲を中心に選曲されているのだが、これは制作側の意図によるものである。このライヴは74年と75年のクラプトン・バンドによる初ツアーの模様を収めたもので、実際には「アイ・ショット・ザ・シェリフ」「レイラ」「クロスロード」「バッジ」なども演奏されている。クラプトンはザ・バンドのロビー・ロバートソンが得意とするピッキング・ハーモニックスを使って弾いている曲もある。

続く『ノー・リーズン・トゥ・クライ』(’76)は、クラプトンがリスペクトするザ・バンド全員やボブ・ディランがゲスト参加したことで大きな話題となったアルバムであるが、他にもジェシ・デイヴィス、ビリー・プレストン、ロン・ウッドら豪華なメンバーが加わっており、内容も素晴らしい。ここにきて、クラプトンは思い描いたサウンドを具象化できるようになったのではないだろうか。

本作『スローハンド』について

前作で狙い通りのサウンドを生み出すことに成功し、ザ・バンドのメンバーが参加したこともあって、クラプトンはソロアーティストとしてようやく自信に満ちた活動ができるようになったのではないか。その結晶とも言えるのが本作『スローハンド』である。かつて栄光の頂点にいた頃の呼び名をタイトルに使うあたりに、その自信が窺える。

本作に収録されているのは全部で9曲。トータルで40分にも満たないが冒頭の「コカイン」から「ワンダフル・トゥナイト」「レイ・ダウン・サリー」と名曲が続き、ライヴ時に人気の高いマーシー・レヴィが歌う「ザ・コア」などが収められている。「ネクスト・タイム・ユー・シー・ハー」や「メイ・ユー・ネバー」といったフォーキーな小品では、リラックスしたクラプトンのヴォーカルがいい味を出している。また、曲によってはキング・クリムゾンのメル・コリンズがサックスで参加しキレの良いプレイを披露している。

プロデュースはストーンズやイーグルスなどイギリスやアメリカを問わず数多くのアーティストを手がけるグリン・ジョンズ、録音はロンドンのオリンピック・スタジオで、ロンドン録音はデビューソロアルバム以来となる。

2012年には本作の35周年記念デラックス・バージョンが2枚組でリリースされた。ところが、ボーナスディスクのライヴ盤は、オリジナル盤がリリースされる前に行なわれたコンサートのため、残念ながら本作収録のナンバーは一曲も収められていない。

TEXT:河崎直人

アルバム『Slowhand』1977年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. コカイン/Cocaine
    • 2. ワンダフル・トゥナイト/Wonderful Tonight
    • 3. レイ・ダウン・サリー/Lay Down Sally
    • 4. ネクスト・タイム・ユー・シー・ハー/Next Time You See Her
    • 5. ウィ・アー・オール・ザ・ウェイ/We're All the Way
    • 6. ザ・コア/The Core
    • 7. メイ・ユー・ネヴァー/May You Never
    • 8. ミーン・オールド・フリスコ/Mean Old Frisco
    • 9. ピーチェズ・アンド・ディーゼル/Peaches and Diesel
『Slowhand』(’77)/Eric Clapton

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着