川村壱馬=楓士雄が飛ぶ,!走る!『H
iGH&LOW THE WORST』のその後を描く
『6 from HiGH&LOW THE WORST』第1
話予告編を公開 

11月19日より放送がスタートするドラマ『6 from HiGH&LOW THE WORST』より、第1話の予告編と場面写真が解禁された。
『HiGH&LOW』は、EXILE HIROが総合プロデュースするドラマ、配信、コミック、ベストアルバム、ドームツアーなど、複数のメディアやエンタテインメントを巻き込み展開した一大プロジェクト。三代目 J Soul BrothersやEXILEらEXILE TRIBEのメンバーや若手俳優らがメインキャストとして出演し、山王連合会などさまざまなチームが割拠するSWORD地区での抗争を描いてきた。そして、『HiGH&LOW THE WORST』では、高橋ヒロシ氏の不良漫画『クローズ』『WORST』とのクロスオーバー。企画プロデュースのEXILE HIRO、久保茂昭監督、大内貴仁アクション監督ら『HiGH&LOW』シリーズのチームが再結集し、髙橋氏と『HiGH&LOW』の脚本チームが共同で『クローズ』『WORST』の戸亜留市と『HiGH&LOW』のSWORD地区、両シリーズの主な舞台となった街が交差した世界を構築。鬼邪高と鳳仙学園の激突に端を発した物語を描いた。
新たに放送がスタートする『6 from HiGH&LOW THE WORST』は、『HiGH&LOW THE WORST』のその後の世界を描いたスピンオフドラマで、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)演じる鬼邪高校全日制・花岡楓士雄と、白洲迅演じる桐原誠司、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)演じる尾々地正也と中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)演じる尾々地真也の“オロチ兄弟”、マドカ(富田望生)、新太(矢野聖人)ら希望が丘団地の幼馴染6人の物語を描く。10年前の誠司の誕生日に、楓士雄たちは10年後の自分たち宛の手紙を入れたタイムカプセルを団地近くの公園に埋めた。10年が経ちタイムカプセルを掘り起こし、夜空の下で手紙を読みながら懐かしい話に花を咲かせた6人。さらに、10年後の自分に向けた手紙を書いて、また同じ場所にタイムカプセルを埋めるが、それぞれ帰路についた後に、突然の悲劇が起きてしまう。
解禁された第1話の予告編では、映画『HiGH&LOW THE WORST』を振り返りつつ、幼馴染6人の姿も公開されている。また、楓士雄の相棒で希望ヶ丘団地出身の高城司(吉野北人/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)のほか、楓士雄と司を慕うジャム男(福山康平)、さらに、鬼邪高・轟一派の芝マン(龍/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、鈴木昂秀(辻/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)も登場。映像の終盤には、楓士雄が飛び蹴りを繰り出すアクションシーンも。なお、過去の『HiGH&LOW』に引き続き、アクション監督は大内貴仁氏が務めている。
映画から2年後に行われた撮影について、川村は「(幼馴染を演じる5人とは)久々に会った感じが全然しなくて、逆にあの頃より仲良くなっている感じです!小中高いっしょに過ごしたっけ…?と思うほど」とコメントしている。
ドラマ『6 from HiGH&LOW THE WORST』は11月19日(木)放送開始・毎週木曜24時59分から日本テレビにて放送。※関東ローカル

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着