「ゆるキャン△ SEASON2」特報映像第
2弾が公開 主題歌はシリーズおなじ
みの亜咲花、佐々木恵梨に

(c)あfろ・芳文社/野外活動委員会 2021年1月から放送を開始する「ゆるキャン△ SEASON2」の特報映像第2弾が公開された。主人公の各務原なでしこ(CV:花守ゆみり)が斉藤恵那(高橋李依)と川辺で昼食をとるシーンから始まり、静岡の海を眺める志摩リン(東山奈央)、テントを購入した大垣千明(原紗友里)、年賀状を届ける新年のなでしこなど、冬を迎えた「野クル(野外活動サークル)」関係者の姿が描かれ、なでしこがソロキャンプへの興味を語るモノローグも収録されている。
 また、SEASON2の主題歌を担当するアーティストも発表。SEASON1に引き続き、オープニング主題歌「Seize The Day」を亜咲花、エンディング主題歌「はるのとなり」を佐々木恵梨が歌う。CDは1月27日に同時発売。「Seize The Day」の音源は、特報映像内にも用いられている。
(c)あfろ・芳文社/野外活動委員会 亜咲花は「今までの主題歌である『SHINY DAYS』や『The Sunshower』のように、キャンプ場で聴きたくなるようなピースフルな楽曲に仕上がりました。アニメ本編と一緒にオープニングも楽しんでいただけたらうれしいです△」と再起用を喜んだ。佐々木は「2018年の9月に、前作のエンディングテーマ『ふゆびより』共作者の中村ヒロさんとスタジオでセッションしていた際に1発録りでできた曲です。いつも良いフレーズができたらスマホの録音アプリに保存しておくのですが、その時に“ゆるキャン△っぽい”と思って仮タイトル『ゆるキャン2』と付けておきました。その曲が2年後に満を持して採用されて本当に嬉しいです」と楽曲の誕生秘話を明かしている。
 11月29日に東京・丸の内ピカデリーで開催される先行上映会「ゆるキャン△ SEASON2 ~磐田・浜松編~」に亜咲花と佐々木が登壇し、主題歌を生歌唱することも決定。イベントの模様は、全国の劇場にライブビューイングで生中継される。ライブビューイングのチケット価格は2300円(税込み)で、11月14~26日に一般販売。
 あfろ氏の人気漫画(芳文社刊)を原作とする「ゆるキャン△」シリーズは、山梨県を主な舞台に、野クルの仲間たちとともにキャンプを楽しむなでしこや、ソロキャンプを愛するリンら、女子高生たちのアウトドアライフをゆるやかに描く。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着