Soulflexのメンバーであり現代アーテ
ィストの木村華子、個展『SIGNS FOR
[ ]』を東京で開催

現代アーティスト、木村華子が個展『SIGNS FOR [

]』を11月20日(金)〜12月3日(木)に渡って東京・ソニーイメージングギャラリー銀座にて開催する。

SIRUPやMori Zentaroを筆頭に、音楽や写真、絵画など幅広いジャンルで活躍する11人のメンバーで構成されるアーティスト・コレクティブ、Soulflexのメンバーとしても知られる木村華子。また、日本、中国、台湾など10カ国の国と地域と290組のアーティストが集う国際アート・フェア『UNKNOWN ASIA』にて2018年にグランプリ、レビュアー賞5部門、審査員賞4部門を受賞するなどして、注目を集めた。

2度目の東京での個展となる今回は、受賞作品「SIGNS FOR [ ]」を12点を用意。「SIGNS FOR [ ]」は何も描かれていない空の看板と雲ひとつない青空をアクリル板に出力し、写真とネオンライトを組み合わせた、青く光る作品シリーズ。84cm x 120cmに出力した大型作品として、ダイナミックに展示するという。
「SIGNS FOR [ ]」は、堂々と掲げられる意味を持たない空白の看板を見て感じた“全てのものは存在意義がなくとも、そこに存在している”というメッセージを、青いネオンライトで照らすことによってより明確に可視化する試み。『UNKNOWN ASIA 2018』でグランプリ受賞後、大阪・台湾・中国で展示を行い、今年6月に東京で初披露された。


【イベント情報】

木村華子 作品展 『SIGNS FOR [ ]』

日程:2020年11月20日(金)〜12月3日(木) 11:00〜19:00
会場:東京・ソニーイメージングギャラリー銀座
料金:入場無料

■ 木村華子 オフィシャル・サイト(https://hanako-photo.sakura.ne.jp/#/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着