時流に乗っかって

普遍的に揺るがないものというのは、廃れることなく継承されていくのだろう。DECK NO BOCKの紡ぐ音楽というのは、まさしくそういうものの集合体のように感じる。

「思い出の1曲」についてメンバーが語ると、口にされるのはU2BUMP OF CHIKCEN荒井由実といったアーティストだ。変なこじれを感じることのない、王道中の王道。いうならば、普遍的に評価されているミュージシャンである。
その影響は、DECK NO BOCKの音楽性に大きな影響を与えていることは、間違いないだろう。彼らのポエミーな歌詞や透明感あるボーカルは、00年代以降のJロックを彷彿。時流のなかで、生まれるべくして生まれてきたバンドなのである。

先日配信が開始された「僕のサイダー」は、3ヶ月連続リリースの第一弾を飾る作品だ。写真展をやるために作ったインスト音楽を、歌つきのものにアレンジした1曲となっている。重く響くピアノと軽やかなボーカルが生み出す絶妙な塩梅を楽しんでほしい。

DECK NO BOCK アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着