Taiko Super Kicks、カセットテープ
作品『ありあけ』リリース リレー形
式でカセットMTRを回して制作

東京を中心に活動する4人組バンド、Taiko Super Kicksがカセットテープ作品『ありあけ』を11月27日(金)にリリースすることが発表された。

本作はコロナ禍の外出自粛要請期間中にカセットMTRを郵送でメンバーの家へ回していき、リレー形式で重ね録りされた作品。カセットMTRの性質やカセットテープそのものの音質などが相まり、これまでになくローファイでプライベートな質感に仕上がった異色作だという。

収録曲は2年ぶりの発表となる新曲「たった一本」に加え、過去に発表された5つの楽曲のセルフ・カバーからなる全6曲。全編に使用されているドラムマシンを始め、各パートが大きくリアレンジされた作品になっているという。なお、アートワークは小池アイ子が担当している。

また、同作は11月19日(木)〜23日(月・祝)に開催される『TETRA RECORDS SEASON SHOP』にて先行販売予定。23日(月・祝)には同会場内で伊藤暁里(Vo. / Gt.)のソロ・ライブも行われる。

【伊藤暁里(Taiko Super Kicks) コメント】

家にこもっている間に、配信ライブやオンラインでの制作以外で何かできることがないかと考えて、今作を作りました。Taiko Super Kicksのメンバー4人それぞれの家で吹き込まれた音の、生々しい雰囲気を味わってもらえれば嬉しいです。


【リリース情報】

Taiko Super Kicks 『ありあけ』

Release Date:2020.11.27 (Fri.)
Cat.No.:TSK-003
Price:¥1,500 + Tax
Tracklist:
A1. たった一本
A2. 流れる
A3. Ringo no Sitsukan
B1. バネのように
B2. 別れ
B3. Machi

※カセットテープ限定でのリリース。配信リリース予定なし
※ダウンロードコード無し


【イベント情報】

『TETRA RECORDS SEASON SHOP』

日時:2020年11月19日(木)〜23日(月・祝) 13:00〜21:00(ただし土・日・祝は11:00〜)
会場:hako gallery
料金:入場無料

イベント・ビジュアル:小田島等
インテリア・デザイン: althouse(https://althouse.jp)
制作協力: 株式会社クラフト(https://craft-mtc.jp/)

■ イベント詳細(http://www.tetrarecords.com/2020/11/10/tetra-records-season-shop/)

■ TETRA RECORDS オフィシャル・サイト(http://www.tetrarecords.com)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着