Night Tempo、『昭和グルーヴ』番外
編で木曽福島スキー場のイメージ・ソ
ングを公式リエディット

韓国のプロデューサー/DJ、Night Tempoが長野・木曽福島スキー場の80年代後半から受け継がれているイメージ・ソング「瞳にWINKIN’」をオフィシャル・リエディット。YouTubeにて音源が公開された。
工藤静香に続く、話題の『昭和グルーヴ』シリーズの番外編となる今作は、1987年に制作され、現在に至るまでスキー場のオープン/クローズ時に毎回流れており、当時はテレビCMにも起用されるなど、地元では定番となっているナンバー。12月19日(土)からスタートする今シーズンでは、“NEW & RETRO”をテーマに新たな展開を図る木曽福島スキー場がNight Tempoの活動に注目。彼に昭和時代から受け継がれるこの曲のリエディットをオファー。Night Tempoもそのコンセプトに共感し、倉庫に眠っていたオリジナルのマスター・テープを使い、公式リエディットが完成した。
Night Tempo

さらに、一連の昭和グルーヴ・シリーズのカバー・アートを手がける同じく韓国在住、注目のイラストレーター・tree 13が今シーズンの木曽福島スキー場のメイン・ビジュアルを担当。YouTubeのオフィシャル・オーディオにもtree13描き下ろしのイラストが使用されている。

【Night Tempo コメント】

昔のCMソングを踊れる曲にしたかったです。

ファンキーなベースや四つ打ちドラムを足してグルーヴ感を出しました。

こんな楽しい曲が流れるスキー場に行きたい! って言う気持ちで作業しました!


■ Night Tempo オフィシャル・サイト(https://nighttempo.com)

■ 木曽福島スキー場 オフィシャル・サイト(http://www.kisofukushima-ski.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着