秦 基博、全公演中止となった『HATA
MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペ
ルニクス-』の無観客配信ライブオフ
ィシャルレポート

秦 基博が、11月19日(木)に開催した配信ライブ『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020‐コペルニクス‐』のオフィシャルレポートが到着した。

11月19日、秦 基博のツアー『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020‐コペルニクス‐』が配信ライブという形で開催された。
秦 基博『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペルニクス-』撮影=笹原清明
『コペルニクス』は昨年12月11日にリリースされた、秦にとって6枚目のオリジナルアルバムである。本来ならアルバムの世界を表現する同名のツアーが3月4日にスタートするはずだった。しかし新型コロナウイルスの影響により延期を重ね、ついに中止に。秦はゲネプロ(最終リハーサル)まで済ませ、あとはステージに立つだけという状態だったにもかかわらず寸前で保留となり、それが今回披露できることになった。8ヶ月ぶりの“解凍”は、秦にとってもライブを待ちわびたファンにとっても、「やっと!」という想いに満ちたものだろう。
秦 基博『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペルニクス-』撮影=笹原清明
ライブは水面に映る地球のような映像ではじまった。『コペルニクス』収録の印象深いインストゥルメンタル「天動説」が流れる中、メンバーが登場する。1曲目に演奏されたのは「9inch Space Ship」。光と影が美しく交錯する舞台で、ストリングスが乗ったバンドサウンドが躍動する。
秦 基博『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペルニクス-』撮影=笹原清明
まず興味深いのは今回のバンドメンバーである。アルバムの共同サウンドプロデューサーであるトオミ ヨウ(Key)を中心に鈴木正人(Ba)、朝倉真司(Dr)という常連組、そして若手のシンリズム(Gt)を起用。さらに室屋光一郎(Vn)率いるストリングスカルテットがほぼ出ずっぱりの構成となっている。(割と出たり入ってたりしているの表現変更)『コペルニクス』は生音と打ち込みの融合がひとつのテーマだったが、ライブにおいてもアコギや弦のぬくもりある響きと、SE、シンセベース、電子ドラム等のクールな音色の交わりが独自の世界を作っていた。
秦 基博『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペルニクス-』撮影=笹原清明
そうして音でアルバムの世界観を描き出す一方、視覚の部分も見逃せないものがあった。ステージのインサート映像はアルバムのアートディレクションを担当した林 響太郎が手掛け、ライブ映像の配信収録は数々の傑作MVに名を連ねる番場秀一が担った。サウンドとシンクロするビジュアルの質感は、配信用に最適化された“映像詩”と呼んでいい仕上がりになっている。
秦 基博『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペルニクス-』撮影=笹原清明
ライブは『コペルニクス』の全楽曲を散りばめ、そこに「鱗(うろこ)」「ひまわりの約束」「スミレ」といった人気曲を挟みながら進行した。その中にはスモールコンボで演奏した「Joan」や、弾き語りで演奏された「メトロフィルム」など、多様なバリエーションも含まれる。個人的にはアンニュイな「漂流」から清々しい旅立ちを歌う「仰げば青空」への流れ、そして静謐な「在る」から深海に沈む「Lost」を経て狂おしい「Raspberry Lover」に至る感情の振り幅に強い興奮を覚えた。本編ラスト「Rainsongs」のアウトロでは「一緒に歌おう!」と呼びかけ、コーラス部分を配信の先にいるオーディエンスに託し、はなればなれのファンと一体感を感じようとする姿があった。
秦 基博『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2020 -コペルニクス-』撮影=笹原清明
秦はこの配信ライブで『コペルニクス』の流れに一区切りを付けると同時に、今月末からは新曲が毎朝日本中で流れはじめる。NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』の主題歌である「泣き笑いのエピソード」。ひとつの終わりと、ひとつのはじまり。ここからまた、秦の新しいフェイズがスタートすることになる。このライブは、11月23日(月)23:59までアーカイブ配信されている。
取材・文=清水浩司 撮影=笹原清明

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着