ボイメン、デビュー10周年SPイヤーア
ルバム発売決定

 BOYS AND MEN(通称ボイメン)が、1月27日に約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『BOYMEN the Universe』を発売する。リード曲はつんく♂氏によるプロデュース「どえりゃあJUMP!」。

 「名古屋の町おこしお兄さん」を合言葉に、芸能不毛の地“愛知・名古屋”でチラシ配りからその一歩は始まり、10年かけてエンターテイメントテイメント集団として活動の幅を広げてきた彼ら。2016年第58回日本レコード大賞新人賞を受賞。2019年1月には、夢の舞台となるナゴヤドーム単独公演を大成功に収めた。

 2020-2021は、ボイメンにとってデビュー10周年というスペシャルイヤー!そんなスペシャルイヤーの1月27日(水)に、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『BOYMEN the Universe』を発売する。

 リード曲は、つんく♂氏によるプロデュースが実現。リード曲「どえりゃあJUMP!」は、“ワクワクの世界へナビゲーション”というテーマで、ボイメンという名古屋発のロケットが宇宙に飛んでいき、宇宙くらいでっかい夢に向かってJUMPしていく、熱い男達の大宣言物語になっている。ボイメンの真心込めたエスコートで、日本中そして宇宙までも元気にする、そんな楽曲が完成。

 そして楽曲はもちろんのこと、Music Videoやダンス、アルバムのビジュアル、衣装まで、つんく♂氏によるトータルプロデュース作品になっている。合言葉は、スペイシー且つディスコ感!今までのBOYS AND MENの男気全開イメージから心機一転、眩しいほどの王子様感は、まるで銀河ファンタジーの中にいるような世界観となっている。今回のキラキラな新学ランは、シャ乱Q時代から、つんく♂氏と親交のあるスタイリストが手掛けたもの。そしてボイメン10年間で史上最強にハードな、キレッキレッのダンスにも注目。

 本作には、リード曲「どえりゃあJUMP!」を含め、新曲4曲が収録される。9人で歌唱するこれまでの10年間と未来への歩みを綴ったバラード曲「あしあと」や、メンバー内のユニット“Yankee5”と”誠”それぞれで、メンバーがコンセプトから考えて制作した音源も収録。ユニットならではの個性と、メンバーのメッセージがストレートに表現された楽曲に仕上がっており、詳細は後日発表される。

 その他にも、大人気アニメ“新幹線変形ロボ シンカリオン”の劇場版主題歌で、オリコンウィークリー1位を獲得した「ガッタンゴットンGO!(2019.12発売)」や、卓真(10-FEET)が書き下ろした珠玉のロックナンバー「頭の中のフィルム(2019.5発売)」、“絶対負けるな!”という心の叫びを歌ったメッセージソング「Oh Yeah(2020.9発売)」も含めた、計13曲収録予定となっている。

 初回限定盤Aに付くBlu-rayには、「どえりゃあJUMP!」「頭の中のフィルム」「ガッタンゴットンGO!」「Oh Yeah」Music Videoの他に、10周年スペシャルイヤーアルバムということで、このBlu-rayでしか観ることができない、特別企画映像を制作。ユニット“Yankee5”と“誠”が、各ユニット曲のImage Videoを制作するために、ユニットごとにプチ旅にでる模様を届ける。寄り道し放題、ハプニングだってウェルカム、果たしてどんな旅になるのか!?

 初回限定盤Bに付くDVDには、各Music Videoの他に、ビジュアルアートワークやMusic Video撮影の裏側等も交えながら、「どえりゃあJUMP!」完成までの道のりを追った映像が収録される。メンバーたちがどんな思いで「どえりゃあJUMP!」を制作してきたのか、垣間見える映像になっている。

 更に初回限定盤Cは、80Pにも及ぶ撮り下ろし写真の豪華フォトブック付き。学ラン姿だけでなく、学ランを脱いでカジュアルな服装に身を包み、男気溢れるいつものBOYS AND MENとは違う、清涼感のある新鮮なメンバー姿が十二分に楽しめる内容となっている。

 そして今回、10周年を記念して制作されるスペシャルBOX盤には、通常盤CDに加え、なんとメンバー監修デザインパーカー/メンバーソロアクリルスタンド(9体セット)/メンバーソロポスター(8枚セット)が入った、スペシャルBOXパッケージ仕様になっている。更に、早期先着予約特典として希望メンバーによる直筆サイン付き。数量限定商品になっている。

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着