DREAMCATCHER「NO MORE」は、SNS上の誹謗中傷に立ち向かう力強い歌詞が魅力的!

DREAMCATCHER「NO MORE」は、SNS上の誹謗中傷に立ち向かう力強い歌詞が魅力的!

DREAMCATCHER「NO MORE」は、SNS上の
誹謗中傷に立ち向かう力強い歌詞が魅
力的!

誹謗中傷に負けない!

「悪夢コンセプト」を掲げる異色の韓国アイドルグループ『DREAMCATCHER』。
独特な立ち位置で注目を浴びる彼女たちが、『NO MORE』を2020年11月にリリースしました。
楽曲のテーマは「SNS上での誹謗中傷」。
心ない言葉を受けながらも、力強く自分の道を歩もうとする姿を描いた楽曲の、歌詞に込められた意味を解説していきます。
まずは、辛辣なメッセージで始まる冒頭に注目です。

NO MORE 歌詞 「DREAMCATCHER」
https://utaten.com/lyric/mi20111201
SNS上でここぞとばかりに酷い発言をする人たちに対し、「臆病な野良犬・負け組」とメッセージを投げかけています。
確かに、誹謗中傷は顔が見えないSNSだからこそできるもの。
誰かわからないのをいいことに相手を攻撃するなんて、臆病者のすることなのでしょう。
NO MORE 歌詞 「DREAMCATCHER」
https://utaten.com/lyric/mi20111201
続いて歌われているのは、誹謗中傷に屈しない強い気持ち。
誰かわからない人の心ない言葉になんて捉われず、自分の道を進み続けようとする強い意志が感じられる歌詞です。
SNS時代の今、誹謗中傷で悩む人に勇気を与えるメッセージですね。
自分に正直ならそれでいい
誹謗中傷には、個人を攻撃するもの、事実とは異なる噂を流すものなど様々なケースがあります。
しかし、その大半は根拠のない発言です。
誹謗中傷を受けている自分にとっては全て嘘ですよね。
「だからそんな言葉に捉われないで!」
というメッセージが、続く歌詞で歌われています。
NO MORE 歌詞 「DREAMCATCHER」
https://utaten.com/lyric/mi20111201
自分自身に嘘がないなら、誹謗中傷なんて気にしなくていい。
SNSで悩んでいる方にぜひ届いて欲しい歌詞です。
私は私らしく、自分の夢へ!
楽曲の後半では、どんな言葉にも屈しない前向きな気持ちが歌われています。
NO MORE 歌詞 「DREAMCATCHER」
https://utaten.com/lyric/mi20111201
自分らしくあるということは、時に誰かの反感を買うかもしれません。
そしてそれが心ない言葉となり、自分に降りかかってくることもあるでしょう。
しかし、それに気を取られていたら人生がもったいない。
「自分に嘘がないなら、くだらない誹謗中傷には耳を傾けず、前に進んでいこう」
そんな心強いメッセージが伝わってきます。
残念ながら、SNS上の誹謗中傷がゼロになる可能性は低いでしょう。
しかし、自分の気の持ちようで現実や未来は明るくなるもの。
皆さんも是非『NO MORE』を聴いて、前向きに自分の思いや夢を発信してみてくださいね。
▲[MV] DREAMCATCHER「NO MORE」
ちなみに、この楽曲のMVは架空の空間で戦う女性キャラクターをモチーフにしたアニメーション映像。
バーチャル空間風の世界はSNSをイメージしているのかもしれませんね。
楽曲に合わせて歌詞も表示されるので、ぜひ歌詞を見ながらアニメーションと楽曲の世界観に浸ってみてください。

TEXT ゆとりーな

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着