上川隆也主演、堤幸彦演出で舞台『魔
界転生』を再演 新たに小池徹平が天
草四郎役で参加

2021年4月に愛知・刈谷市総合文化センターで開幕し、続けて福岡・博多座、5月に東京・明治座、6月には大阪・新歌舞伎座で、舞台『魔界転生』が再演されることが決定した。
原作は、1967年(昭和42年)に「おぼろ忍法帖」として単行本化された、山田風太郎の伝奇小説で、壮大なスケール、雄大な歴史ロマン、そして、奇抜かつ摩訶不思議な展開が人気を集め、時空を超え、肉体を超越したアクション・エンターテインメントの最高傑作といわれている。
1981年(昭和56年)に深作欣二監督により映画化され大ヒットし、その後、テレビ時代劇をはじめ、舞台、漫画・アニメ、ゲームまで、数多のジャンルでリメイクされ、山田作品の最大のヒット作であり、代表作として知られている。
2018年(平成30年)10月~12月には、「日本テレビ開局65年記念舞台」として、堤幸彦演出、上川隆也主演で舞台が上演され、福岡・東京・大阪で77ステージ、動員10万人を超え、話題となった。そんな本作を2年4か月ぶりに再演することとなり、今回も堤が演出を手掛け、マキノノゾミが脚本を担当する。
柳生十兵衛扮装写真(上川隆也)
魔界から蘇った剣豪に果敢に立ち向かう主演の柳生十兵衛役は、テレビドラマ『遺留捜査』、舞台『Q』などで抜群の演技力と存在感を魅せる上川隆也が初演に引き続き、務める。また、十兵衛たちに立ちはだかる最大の強敵・天草四郎役は、『キンキーブーツ』や『キレイ』など、話題作に次々と出演し、舞台での活躍も目覚ましい小池徹平が演じる。上川と小池は今回が初共演となり、華も実もある注目のキャストで、令和版の新しい『魔界転生』を創り上げる。
ド派手なアクション、変幻自在なフライング、LEDによる映像効果を駆使し、演劇と映像の融合による画期的な演出、感動の人間ドラマなどの要素が詰まった、魅惑のエンターテインメント時代劇を楽しみにしよう。
【あらすじ】
徳川幕府によるキリシタン弾圧のため、暴徒と化した10万人の信者が惨殺された肥前国(長崎県)島原。
その地で、禍々しい魔界の力を借りて、「島原の乱」の首謀者・天草四郎が甦る。
四郎は怒りと憎しみに燃え、幕府への復讐を決意する。
やがて、「魔界転生」という妖術を使い、幕府と闘う配下を求め、歴史に名を残す剣豪を次々と甦らせる。
荒木又右衛門、田宮坊太郎、宝蔵院胤瞬、そして、宮本武蔵、柳生宗矩、錚々たる猛者たちが黄泉の国から転生し、悪鬼として再び生を受け、四郎と共に幕府滅亡を画策する。
これら魔界衆に隻眼の剣士・柳生十兵衛を中心とする幕府方が立ち向かい、魑魅魍魎が跋扈する悪魔の企てを阻止すべく、柳生衆と共に果敢に闘い、強敵を斬り滅ぼしていく。
大坂では淀殿も甦り、四郎の姉・お品や「真田十勇士」の生き残りの根津甚八も活躍し、柳生衆と魔界衆の激突はますます混迷の色合いを深めて行く。
天草四郎、柳生宗矩と血で血を洗う死闘が続き、ついに十兵衛は日光東照宮での最終決戦を迎える…。

堤幸彦(演出)コメント
2018年に各地を全力疾走した舞台『魔界転生』の再演だ!しかし世情は大きく変化した。同じことはできない。
ストーリーのメッセージは堅持しつつ、マイナスの時代性をプラスに変えた新たな意匠で臨む決意だ。
役者の生身の迫力と変幻する映像が激突する“魔界エンターテイメント”は、走り続けるのだ!
上川隆也 コメント
2018年に御好評頂いた『魔界転生』を、装いも新たにお届け出来る運びとなりました。
このような御時世ではありますが、御満足頂ける作品をお届け出来る様、精一杯務めさせて頂きたいと思っております。
小池徹平 コメント
子供の頃から知っている天草四郎を演じられる事をとても嬉しく思います。
お芝居、アクション、映像を駆使したエンターテインメントが詰まった作品になると思うので、皆さんに楽しんでもらえるように頑張ります。
そして、今回初めて共演させてもらう上川隆也さん、演出の堤幸彦さん。お二人とも昔から作品を拝見させてもらっていた方々なので、ご一緒させてもらえる事にとてもワクワクしています。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着