深川麻衣や高良健吾が富山弁でやりと
りも 映画『おもいで写眞』予告編&
ポスタービジュアルを解禁 

2021年1月29日(金)公開の映画『おもいで写眞』から、予告編とポスタービジュアルが解禁された。
『おもいで写眞』は、『君に届け』や『ユリゴコロ』などの熊澤尚人監督が、自身の同名小説(幻冬舎文庫)を映画化したもの。故郷で“遺影撮影”の仕事を引き受けた女性が、老人たちと触れ合ううちに「おもいで写真」を撮りはじめるようになり、やがて人生の意味を見いだしていく姿を描いた作品だ。
東京で夢やぶれ、祖母の死がきっかけで故郷へと戻った主人公の結子を演じるのは、深川麻衣。本作が、『パンとバスと2度目のハツコイ』以来の主演となる。また、結子の幼なじみで役所に勤める星野一郎役で高良健吾が出演。深川と初共演を果たす。そのほか、香里奈、井浦新、古谷一行、吉行和子らがキャストに名を連ねている。なお、本作は、深川や高良らが所属する芸能プロダクション・テンカラットの25周年企画として制作されている。

解禁された予告編では、高良演じる星野が、深川演じる結子に「カメラマンやってくれま」と、富山弁で呼びかけるシーンからスタート。その後、結子が遺影写真の撮影を進めるうちに、吉行和子演じる和子との交流を経て、“おもいで写真”で「100人のお年寄りを笑顔にするミッション」に挑む姿が描かれている。
また、本作の主題歌は安田レイの「amber」に決定。安田は、2013年7月シングル「Best of My Love」でソロシンガーとしてデビュー。2015年11月にリリースした「あしたいろ」で『第57回輝く!日本レコード大賞』新人賞を受賞している。予告編でも流れる主題歌「amber」は、1月29日(金)から配信がスタート。安田のコメントは以下のとおり。
安田レイ
安田レイ
不器用で、素直に生きるのが下手な主人公の音更結子。
なんだか自分のことを見ているような、そんな錯覚に陥りました。
本当は優しく笑っていたいし、誰かのためにできることを見つけたいのに、弱い自分を守ることに精一杯で、気付いたら眉間にシワを寄せて世界を睨みつけている日々。
でも、そんな時に肩の力の抜き方を教えてくれるのは、結子の本当の優しさに気付いて側にいる大切な人達。
時には厳しく、時には優しく、愛の形を教えてくれるみんなと共に成長する結子を、自分に投影して歌わせていただきました。
不器用なありがとうを、あなたに届けます。
温かいメッセージがたくさん詰まった作品に関われて、本当に幸せです。
『おもいで写眞』は2021年1月29日(金)全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着