「ダンスは職業になる、と子どもたち
に伝えたい」プロダンサーRIRIKAが『
第一生命 D.LEAGUE』を通して目指す
未来。【第一生命 D.LEAGUE Intervi
ew – RIRIKA】

幼少期からダンスに触れ、紅白歌合戦のバックダンサーやLA留学を経験したRIRIKAが次に挑戦するのは、プロダンスチームSEPTENI RAPTURESのリーダー。これまでのダンスの歩みと2021年1月からはじまる日本発のプロダンスリーグ『第一生命D.LEAGUE』への意気込みを聞いた。
― ダンスとの出会いはいつでしたか?
5歳の時です。お父さんが昔エアロビクスをやっていて、家のリビングでランニングマンとロジャーラビットを教えてもらった記憶があります。それがきっかけで、地元のスタジオで L.O.F.DというチームのKUMA先生からダンスを習っていました。当時は、ダンスは習うものというより、日常の一部という感覚の方が近かったですね。
― 影響を受けたダンサーは?
今でもハッキリと覚えているのが、大学1年生で初めて出場した「JAPAN DANCE DELIGHT」で観たebonyです。もうすごいカッコよくて「このオーラを出せるのはなんでだろう」と思い、DELIGHTが終わった次の週にはYOSHIEさんのスタジオに通うことにしたんです。レッスンはかなりストイックだったけど、そこで私自身変われた気がします。その後LAに留学した時には、ライル・ベニーガやショーン・エバリストなどダンスシーンを動かしている人間から、ダンスだけじゃなくてビジネス面をどう動かしたらいいのか、ということを学びました。そういった芯がしっかりしている人たちに影響を受けて、「自分もこういう風になりたいな」と思うようになりました。
― D リーガーになって意識や環境の変化はありましたか?
自分の健康状態を常に気にするようになりました。ダンサーって深夜に練習しちゃうことが多いんですけど、私は絶対やらないようにしたり、今コロナもあるので人混みの多い所には行かないようにしたりと、日常の一つひとつを意識して生活をするようにしています。
周りの環境で言えば、今回Dリーガーに選ばれて、一番喜んでくれたのはやっぱりお父さんでした。今までプロという肩書きがオフィシャルでつくことがなかったので「自分の子どもはダンスやってるんだよね」と周りに話しても、テレビに出るような仕事じゃないと一般の方はピンと来ない部分もあったみたいで。「この流れに乗って、第一線で頑張ってほしい」と期待してくれています。あと生徒の子どもたちから「自分も将来Dリーガーになれるように頑張ります」って連絡がすごく来るようになったのは、すごく嬉しいです。
― D.LEAGUEのシーズンが始まって個人的に注目してほしい所はありますか?
普段はファンファーレというチームでPOPを踊っているんですけど、LAに行った時にシカゴフットワークというジャンルを習っていて。きっとリーグ内だと自分だけができるジャンルなので、今チームのみんなにも教えています。そういった色んなジャンルができる所を見せていきたいです。またチームのパフォーマンスを最大限上げられるよう努力しているので、SEPTENI RAPTURESリーダーとして成長する姿にも注目してもらえたら嬉しいです。
― D.LEAGUEの開幕に対しての意気込みはありますか?
「優勝する」というのは、チームのみんなで常に口に出して言っています。それとD.LEAGUEを通して、ダンスに馴染みのない方にもインパクトを与え、ダンスそのものが日常に浸透することや、今ダンスを頑張っている子たちが「ダンスは職業になるんだ」と夢が持てるようになればいいなと思っています。そのためにも自分たちが第一線で活躍している姿をしっかりと見せていきたいです。
― 今後どんなダンサーになっていきたいですか?
今Dリーガーをやりながらアーティストとの仕事もしています。バックダンサーやキャスティング関係の仕事を通して、裏側で支える役割にもすごく魅力を感じていて。踊り続けられる限りはダンサーをやっていたいのですが、それと並行して振付や演出を勉強し、いつかビッグな企画を手掛けられたらいいなと思っています。
― 好きな場所やパワースポットは?最近のマイブームは?
レッスンがない水曜日には、絶対に母と2人で出掛けています。私にとって、家族という存在が頑張れる源になっていて、周りから異常って思われるくらい家族が大好きです(笑)。あと毎日する犬の散歩も好きです。3匹飼っているんですけど、朝に起こしてくれるんです。それで土手を一緒に散歩してリラックスしています。
― みなさんへのメッセージ
D.LEAGUEが始まったら、普段よりダンスを日常的に見る機会が増えると思います。もちろんSEPTENI RAPTURESを応援してほしい気持ちはあるんですけど、他のチームも素晴らしいダンサーが揃っているので、ぜひ色んなチームを見て、応援してください!また今夢に向かってダンスを頑張っている人には、「無理なことは絶対ないので、やりたいことは口に出して頑張って」と伝えたいです。ダンスは1つだけじゃないし、可能性は何十個も何百個もあると思っているので、それを私自身これからの結果で見せられるように全力を尽くしていきます。
<ダンサープロフィール>
RIRIKA
1996生まれ。
グローバルに活躍し、ステージ上での表現力の高さから人々を釘づけにする力を持っているパフォーマー。
オールマイティーに対応できるパフォーマーになるため、幼少期から様々なスタイルのトレーニングを経てきた。
所属チーム「ファンファーレ」の一員として輝かしい成績を持ちながら、個々でバックダンサーや振付師として活動。
ジャンルの幅の広さと吸収力が強いことから周りからカメレオン系ダンサーとも呼ばれている。CMやMV出演、ライブダンサーでMISIA、嵐、EXILE三浦大知 など数々のアーティストとの共演。
2017年からロサンゼルスに拠点を移しアメリカ国内で様々なショーに出演。
2019年帰国後は日本を拠点とし、様々なシーンでの活躍の幅を広げている。
最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。
アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。
【手順】
(1)「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
(2)アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。
【キャンペーン期間】
2020年11月15日(日)10:00 ~ 2020年12月01日(日)23:59
※期間中に手順(1)〜(3)を行った先着1000名様が対象

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着