吉沢亮は思惑を明かさず、若葉竜也は
冷静沈着 棋士 VS AI “世紀の対決
”をあおる映画『AWAKE』冒頭映像を
解禁

12月25日に封切られる映画『AWAKE』本編から、冒頭映像が公開された。
『AWAKE』は、配給会社・キノフィルムズによる映画監督発掘プロジェクト『木下グループ新人監督賞』の第1回で、241本の企画の中からグランプリに選ばれた企画。2015年の将棋電王戦FINAL第5局で行われた、元奨励会員が開発したAI“AWAKE”と棋士の対局に着想を得て、山田篤宏監督が脚本を書き下ろした作品だ。乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた40歳の山田監督は、本作で商業映画デビューを飾る。
(c)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
劇中で描かれるのは、天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた大学生が、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす物語。主演に、映画『キングダム』やNHK大河ドラマ『青天を衝け』主演を控える俳優・吉沢亮。共演に、若葉竜也、寛 一 郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことらが名を連ねている。

解禁された映像は、棋士VSコンピュータの“世紀の対決”が今まさに始まる瞬間を切り取ったもの。浅川陸七段(若葉竜也)による指し手と、ロボットアームによる精密な動き、それぞれが王と玉の駒を配置するシーンから始まる。リポーターや解説者のコメント、パソコン画面の「始まるううううううう」「キタキタキタキター」といったワード、「コンピュータなんかに人間は負けないから」と棋士の勝利を信じる子供など、対決をあおるような場面が続くが、かつてのライバルでソフト開発者の清田英一(吉沢亮)と、AI越しに再び相まみえる心境を聞かれた陸は、「特に意識はしてません。僕が闘うのはあくまで彼が作ったコンピュータソフトなので」と冷静沈着に答える。一方で、英一自身は姿を見せずその思惑は明かされない。果たして、対局までにどんな物語があったのか。
『AWAKE』12月25日、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着