cali≠gari、充実のセットリストで魅
了した『クライマックス♥エロチカ2
020』公式レポ 11/28には配信も

cali≠gariが11月15日に開催した東名阪ツアーのファイナル公演『クライマックス♥エロチカ2020』のオフィシャルレポートが到着した。

cali≠gariの東名阪ツアーファイナル『クライマックス♥エロチカ2020』公演が、11月15日に東京・KANDA SQUARE HALLで開催された。その第1部公演の模様が、11月28日(土)19:00よりStreaming+にて配信されることが決定した。
9月30日にリリースしたニュー“エロ”アルバム『ブルーフィルム -Revival-』を引っ提げ開催したこの東名阪ツアーは、有観客での久々のツアーであり、並行して「ピーピング♥エロチカ2020」と題し、 “あなたのプロンプター席”“スペイシーギター席”“ベースキッズ席”の各メンバーに寄った専用席や、全体を一望できる“自称関係者席”などの特殊席での生配信も行ない、ツアー開始前から注目を集めていた。
最新作『ブルーフィルム -Revival-』は、現ボーカルの石井秀仁がcali≠gariに加入した2001年にリリースした、第7期cali≠gariの礎となったアルバム『ブルーフィルム』を、20年経った今のcali≠gariの音でリメイクしたもの。このツアー全公演でオープニングを飾った「エロトピア」をはじめ、今やライブに欠かせないcali≠gariの代表曲となった楽曲群は、今回のリメイクによって懐かしさと新しさが融合され、その新鮮味と円熟味を加えることでcali≠gariのステージを底上げした。
KANDA SQUARE HALL公演第1部の幕開け。「ラストいくぞー!」。ステージに登場するなり檄を飛ばす桜井青(G)。マスク姿の観客は拳を振り上げて、それに応える。新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインに基づき、観客も歓声を上げることができない状況ではあるが、何ぶんタイトルからして『クライマックス♥エロチカ2020』である。この状況もなんらかのプレーだと思えば、そこはもうエロスでありカオスなのである。グラマラスな「エロトピア」からタイトなバンドサウンドに生まれ変わった「ミルクセヰキ」、「淫美まるでカオスな」、「アイアイ」とアッパーチューンが続く序盤から、以降も『ブルーフィルム -Revival-』のナンバーと過去曲を織り交ぜ、混沌とした世界を展開する。特筆すべきは桜井作詞作曲の「デリヘルボーイズ!デリヘルガールズ!」と、石井秀仁(vo)作詞作曲の「さかしま」の新曲2曲。80’ sポップチューンの「デリヘルボーイズ!デリヘルガールズ!」は、石井と桜井のツインヴォーカルでデリヘル業界の現実と悲哀をポップに描いたナンバーで、この憂いを帯びたキラメキは今後の定番曲になっていきそうな予感がある。
そして、「さかしま」では桜井が12弦ギターでアルペジオを奏でる。これは音源では為し得なかったライブバージョン。さらに名古屋、大阪では1コーラスが終わるまで村井研次郎(B)はステージを捌けて歌とギターだけで聴かせていたが、フルで温かなベースを響かせていたのはこの東京公演だけだ。さらに、続けてアンビエントな「月白」をバンドバージョンで聴かせたのは東京公演の第1部だけである。この日、石井の喉は決して好調だったわけではなかったが、それゆえの少しハスキーがかったヴォーカルが儚さを増長させていた。終盤は「青春狂騒曲」、「ブルーフィルム」とエモーショナルなナンバーを2曲。「ブルーフィルム」では、バックのスクリーンに20年前に撮影したMVが流れるという演出も。そしてラストは “セックス!セックス!”と連呼するカバー曲「Sex On The Beach」を聴きながら泣き笑い。音楽が生き続けている限り、死んでいった青春は何度でも蘇るのである。そんな言葉が胸に宿るような、緩急のついた充実のステージであった。ぜひ配信ライブで体感していただきたい。
そしてこの日、cali≠gariは新作『15 予告版』を引っ提げ、2021年2月11日(木・祝)東京・LINE CUBE SHIBUYA公演と、3月より全国ツアーを開催することを発表した。『15 予告版』の詳細はまだ発表になっていないが、過去の通例通りにいくならば『15 予告版』の後には、フルアルバム『15』が待っているはずだ。先日行なわれた『ブルーフィルム -Revival-』のリリース記念配信イベントで、3月からのツアーではアルバム『15』に入る予定の新曲を随時披露していくと告知した。ということは、アルバム『15』はツアーを経て完成するという、cali≠gariにとっては新しい制作過程を踏むことになりそうだ。2021年のcali≠gariが今から楽しみで仕方がない。

撮影=青木早霞(PROGRESS-M)  文=大窪由香

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着