「合い言葉は、”上手に回旋曲(ロン
ド)”!!」、ハイダンシークドロシー
の最新シングル「エルドラド」が歌う
、時を止めたメリーゴーランドへの憧
憬。

1stアルバム「ヒトリランド」をCD/配信発売。赤羽ReNY alphaを舞台に行なった単独公演より始動したハイダンシークドロシー。谷琢磨・元犬神サアカス團の情次2号とジン、元Kraの靖乃という説明はいらないくらい、7月17日に活動を表明して以降、彼らの存在は早くもシーンに浸透している。
 現在、ハイダンシークドロシーは配信を軸に据えた主催2マン公演を毎月行なっている。これまでに、ADAPTER。/天照と実施。12月12日にはTHE BEETHOVEN、1月13日にRicky、2月14日にheidi.という豪華ゲストを迎えた主催2マン公演が控えている。
 同公演に先駆け、ハイダンシークドロシーが12月1日(火)に配信シングル「エルドラド」をリリースすることを発表した。1stアルバム「ヒトリランド」を発売したのが9月20日だったことを考えれば、間髪入れずに新曲を届ける形になる。
これまでに発売した2枚のデジタルシングル「メーズ」「ページェント」、アルバム「ヒトリランド」すべてのジャケットに少女の姿が描かれてきたように、ハイダンシークドロシーが歌ってきたのは、「大人になりきれずに自分の心の中で浪漫と戯れる、闇を抱いた一人の少女の心の物語」。それは、谷琢磨自身??そこは、みなさんの想像にお任せしよう。
今回のジャケットにはメリーゴーランドのオルゴール姿が映し出されていて、お馴染みの少女は登場していない。ここから、新しい物語??と思った方もいるだろうか。そこは、ご安心あれ。「エルドラド」も、C/Wに収録した「オモイデオルゴール」も、物語の主役は闇/病みを抱えた少女(「エルドラド」に関して正確に伝えるなら、少女の魂を宿した人形が主人公)。でも、なぜメリーゴーランドを映し出していたのか。なぜタイトルが「エルドラド」なのか…。そこには、谷琢磨のこんな想いや想い出が隠されていた。
「自分が幼少の頃に親と一緒によく乗っていたのが、としまえんにあったメリーゴーランドの「カルーセルエルドラド」。自分が親になり、今度は子供と一緒に乗り続けてきたように、遊園地が閉園し時の止まったこのメリーゴーランドには、長い時間を経過した中でのたくさんの想い出が今も記憶の中で周り続けています。自分の中では魂の塊のような存在。だからこそ、楽曲として残したいと思っていたタイミングで今回の新曲制作が重なったことから、中へファンタジックなモチーフも散りばめ、作詩はもちろん、7年ぶりに作曲も手掛け、想い出を刻みました」(谷琢磨)
「エルドラド」は、歪むギターが奏でる旋律を幕開けに始まる、三拍子の(ロンド)回旋曲。濁った音色が止まることなく交錯し続ける演奏の上で、澄み渡る声を響かせる谷琢磨の歌が、切なさと郷愁を抱いた物語を慈しむように語りだす。心地好く周り続ける楽曲に身を任せ心まどろみながらも、痛み刺す夢魔のような歌詞や歪む演奏へ触れていく中、何時しか堕ちる意識を覚えてゆく…。谷琢磨は、こんな言葉も語っていた。
「主人公は、お人形さん。その人形は、タービンの心臓を持つ機械仕掛け。つまり、その心臓を入れ換えながら、壊れかけた世界で様々な想い出を巡らせ、ずっと生き続けてゆく。それを、何世代にも渡って想い出を回し続けてきたカルーセルエルドラドの姿にも重ねたことから、「エルドラド」というタイトルを付けました」(谷琢磨)
「エルドラド」は、幼少の頃のいろんな想い出を甦らせ、想いを巡らせる不思議な力と魅力を持っている。”ダークファンタジー/病み(闇)かわ”な物語を描き出す、ハイダンシークドロシーに相応しい楽曲だ。たくさんの想い出を止まることなく巡らせながらも、その世界から抜けだせない人形(少女)の切ない心模様に、あなた自身の忘れたくない想い出を重ね合わせ、郷愁へ浸るように聞いてもらいたい。
ヴィジュアル系のライブではお馴染み、「上手にモッシュ!!」の掛け声に合わせ、右へ左に駆け出しながら騒ぐ風景。でも、この楽曲に於いてはひと味異なる提案が飛びだした。
 「「エルドラド」では、フロアの中でモッシュするんじゃなく、みんなで舞踏してもらいたいよね。合い言葉は、”上手に回旋曲(ロンド)”で!!」(情次2号)
C/Wに収録した、ハイダンシークドロシーらしさを満載した「オモイデオルゴール」を含め、彼らが提示したノスタルジックな風景の中に身を浸し、まずは心を踊らせていただきたい。
TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
【ハイダンシークドロシー】3rd digital single「エルドラド / オモイデオルゴール」試聴ティザートレイラー

ハイダンシークドロシー
3rd digital single
「エルドラド / オモイデオルゴール」
2020.12.1(tue)
各種音楽サイト・ストリーミング配信
DL販売(1曲\255)
2020.11.17(tue)22:30〜
デラックスエディションパック先行販売 \1,000(tax in)
アットワークスストアのみ
https://at-works-project.stores.jp
デラックスエディションパック(約140MB)
・エルドラド (高音質WAVデータ版)
・オモイデオルゴール (高音質WAVデータ版)
・エルドラド off vocal ver (mp3データ)
・オモイデオルゴール off vocal ver (mp3データ)
・ジャケット(jpeg)×2Type
・歌詞カード(jpeg)
LIVE情報
12/12(土)高田馬場AREA※有観客
12/12(火)主催2マン「一一一」with THE BEETHOVEN※配信
01/13(水)主催2マン「一一一一」with Ricky※配信
01/29(金)池袋EDGE※有観客
02/14(日)主催2マン「正」 with heidi.※配信
ハイダンシークドロシー Web
ハイダンシークドロシー twitter
ハイダンシーク ツイキャス
ハイダンシークドロシー Instagram
https://www.instagram.com/hide_and_seek_dorothy/?hl=ja
ハイダンシークドロシー 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCt3PHjRz-7ddjhPz9x4WKCg
OFFICIAL FANCLUB「ドロシーランド」入会者募集!
(月額\500~)※ 毎月更新/携帯決済サービス対応しております。
「メーズ」MV
【ハイダンシークドロシー】アルバム「ヒトリランド」ティザートレーラー

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着