AKB48初の本格ガールズバンド『Lace
t』ライブ:向井地美⾳・⾏天優莉奈
・齋藤陽菜・髙橋彩⾳・⾼岡薫・吉橋
柚花「セカンドライブもやりたい!」

「今日もまた開始直前で"中止です"って
言われるんじゃないかとドキドキしてい
ました(笑)」

約1年前となる 2019 年12 ⽉8⽇(⽇)に⾏われた『AKB48劇場14周年記念公演』がきっかけとなり誕⽣した AKB48の新ユニット8組。そのうち、⼩栗有以や⼭内瑞葵ら 5 ⼈構成の新時代アイドルユニット『I×R(アイル)』、次世代ホープユニット『HUETONE(ヒュートーン)』、癒し系ユニット『Honey Harmony(ハニーハーモニー)』、スタイル抜群のガーリッシュユニット『TinTlip(ティントリップ)』、歌唱⼒に定評があるメンバーが揃った『Melisma(メリスマ)』以上5組のユニットは、今年2⽉22⽇(⼟)〜25⽇(⽕)に渋⾕ストリームホールにて開催された『2020 AKB48新ユニット︕新体感ライブ祭り♪』でお披露⽬ライブを開催したが、新型コロナウイルスの影響で延期していた残り3組のユニット振替公演を『2020 AKB48新ユニット︕新体感ライブCONNECT 祭り♪』と題して、11 ⽉ 28 ⽇(⼟)・29 ⽇(⽇)の2⽇間に渡り AKB48劇場で開催した。

11月28日に開催されたのはAKB48初のバンドユニットである『Lacet』。⾏天優莉奈(ベース)・齋藤陽菜(ギター)・髙橋彩⾳(キーボード)・⾼岡薫(バイオリン)・吉橋柚花(ドラム)・向井地美⾳(ボーカル&ギター)の6名で構成された本格派バンド。

ライブ開始前の影アナで登場した向井地は「今日もまた開始直前で"中止です"って言われるんじゃないかとドキドキしていました(笑)」と語っていた。

Overtureが流れると赤いチェックの衣装に身を包んだ6人がステージに登場して「1994年の雷鳴」を披露。カメラに抜かれるとクールな革じゃんを羽織ったベースの行天優莉奈が笑顔でにっこりするなど冒頭から見せつけた。2曲目は「鈴懸」を明るく披露。いつものアイドルのダンスパフォーマンスとは全く違う雰囲気を醸し出していた。向井地が曲中、会場のファンに「好き」のパネルを出してくださいとお願いするシーンも。吉橋のドラムをバックにLacetメンバーの紹介。メンバーは自身の楽器で演奏を披露。

向井地が「私たちLacetの応援よろしくお願いします!」と呼びかけると3曲目の「After Rain」、続けて向井地の掛け声でAKB48の名曲「ヘビーローテーション」を披露。前半から圧巻のパフォーマンスを披露。向井地のピンクのギター、斎藤のグリーンのギター、行天のダークピンクのベースなどメンバーのそれぞれの特徴ある楽器も見どころだった。
向井地美⾳(ボーカル&ギター) (C) AKB48

向井地美⾳(ボーカル&ギター) (C) AKB48

齋藤陽菜「円周率でヘビーローテーショ
ン」

自己紹介MCで斎藤は「始まる前から緊張で心臓がバクバクでした。緊張してまともに演奏できないかと思っていましたが、ギターを奏でたら、モードに入れました!笑顔で4曲演奏できました!」と語っていた。吉橋は「私も凄く緊張していて、心臓が口から出るくらいブルブルでしたが、始まったら皆さんがノリノリでしたので、楽しかったです。今日はドラマーとして頑張りたいです!」と語ると、向井地も「ドラムはバンドの要ですからね!本当に素晴らしいです!」と絶賛。高岡は「私はソロパートも担当しましたが、練習ではうまくいかなかったこともありますが、本番ではうまくいきました」と笑顔で語っていた。向井地が「9カ月ぶりに本番を迎えることができました!」と挨拶すると会場からも大きな拍手。

向井地が「9カ月でいろんなことがありましたが、皆さん、何をしていましたか?」と振ると、齋藤は「円周率でヘビーローテーションというのを作りました!」と語って、メンバー全員でステージで楽器を弾きながら、斎藤が円周率を言いながらセットリストにない「ヘビーローテーション」を笑顔で歌ってみせた。向井地が「凄いよね!ギターだけじゃなくて、円周率も覚えて!」と語ると、齋藤も「満足です!」とにっこり。
齋藤陽菜(ギター)(C) AKB48

齋藤陽菜(ギター)(C) AKB48

高岡薫、見事なバイオリンで「情熱大陸
のテーマ」演奏

ユニットパートでは、まず高橋彩音がソロでステージに登場。ピアノを始めたきっかけについて「私は名前に音が入っています。ピアノをやりたいって言った時に、ママが『ようやく名前らしいことをしてくれるんだね、この名前をつけて良かった』と言ってくれて、それが嬉しくてずっとピアノを続けています」と語ると会場からも大きな拍手が起きていた。そして高橋がキーボードでAKB48のイントロメドレーを演奏し、「365日の紙飛行機」をソロで熱唱。

続けて高岡薫が登場しバイオリンで「情熱大陸」を見事に演奏。「私がバイオリンを始めたのは6歳の時でした。お正月に親戚で集まった時に、大叔母が自分のバイオリンを持ってきてくれて、その時に初めて弾きました。バイオリンを続けていくのは大変なことでした。習って3カ月目くらいから辞めたかったですが『始めたんだから最後まで頑張ってみなさい』と母からも言われてきました。明日、20歳を迎えますが、これからもバイオリンとはのんびりと付き合っていけたらいいなと思います」と語っていた。

アコースティックギターをもってステージに登場した齋藤陽菜は「やってみたら意外に楽しいという気持ちでずっと続けてきました。このバンドではエレキギターを披露していますが、アコギにも期待して下さったら嬉しいです」と語って「初日」を弾き語り。歌い終えるとMCで齋藤は「去年までやっていたパジャドラ公演でやっていました。大好きなアコースティックギターで演奏できて楽しかったです」と語っていた。

その後、行天、向井地、吉橋がステージに登場。家での練習をテーマにしたトークで吉橋は「家ではドラムの練習はできないので、ドラムを叩いている動画を見て、自分の体にリズムを刻み込みました。行天さんとリズム体なので、行天さんのベースのリズムに乗っかりながらやっていました」と語っていた。行天も「私もゆずちゃんの音を聞いて頑張っています!」とにっこり。
⾼岡薫(バイオリン)

⾼岡薫(バイオリン)

髙橋彩⾳(キーボード)

髙橋彩⾳(キーボード)

ニーハイ姿で登場「かっこいい担当」行
天優莉奈のクールなベースと謎のタブ譜

謎の紙を持ってステージに登場した行天は「手書きで書いたタブ譜です!普通の人が見たら、意味がわからないと言われますが、これが弾きやすいので、このタブ譜で練習しています!」と全部数字で書かれた独自のタブ譜を紹介。吉橋が「円周率みたいですね!」と語ると、齋藤は「ここでリンクしましたね(笑)」とにっこり。向井地は「山本彩さんなどギターを弾いていた先輩の動画を見て、こうやるとかっこいいんだなというパフォーマンスを参考にしていました」と語っていた。続いて向井地が「今の自分に挑戦していこう!諦めずに頑張っていこうという応援メッセージが込められた曲です」と紹介してから向井地、行天、齋藤、吉橋の4人で「青くさいロック」を披露。

MCでは半年以上前にバンドメンバーで決起集会をした時に盛り上がったという「歌詞当てクイズ」をメンバー全員で実施。制服にニーハイ姿で登場してきた「かっこいい担当」の行天だけがゼロポイントで「やばい!やばい!」と"ぽんぽこ"ぶりを見せながらも最後までゼロポイントだった行天も「悔しい・・」とにっこり。クールにベース披露する姿とのギャップを見せていた。

後半戦は向井地が「バンドライブでどうしてもやりたかった曲です。ガールズバンドといえば、あの国民的アニメですよね!」と語ってから「Don't say "lazy"」を披露。続けて「ペダルと車輪と来た道と」をクールにパフォーマンス。ラストは向井地から「AKBでバンドと言えばこの曲だと思います!」と呼びかけてから「GIVE ME FIVE!」を披露。
⾏天優莉奈(ベース)

⾏天優莉奈(ベース)

Lacet

Lacet

吉橋柚花「みんなでバンドができたのが
凄く青春だなと思いました!」

アンコールでステージに登場した6人。今日を迎えられた感想として行天は「今日、ドタキャンにならなくて本当に良かったです!会場の皆さんは声を出せなかったですが、目で楽しさが伝わってきました。またバンドやりたいです!」、髙橋は「ピアノ弾きながらでも皆さんが頷いてくれたり、手拍子してくれるのが伝わってきました」、吉橋は「ドラムがほとんどできないところから始めましたが、みんなでバンドができたのが凄く青春だなと思いました!また演奏できるように頑張ります」、齋藤は「あっという間に、ここまできてしまいました。充実感があったライブでLacetの魅力が伝わったと思います」、高岡は「2月にできなかったので今日という日が本当に嬉しかったです。ファンの方やメンバーが笑顔になれたので、今日頑張ることができました」と語っていた。

最後に向井地は「人生でいつかガールズバンドをすることが私の夢でした。AKBで叶えることが夢の1つでした。こうしてみんなと一緒に夢を叶えられて幸せです!今回のメンバーはチームも期もバラバラで、ふだんなら集まることのないような6人が集まり、みんなでの絆も深まりました。Lacetのセカンドライブができるように頑張ります!」と語ると会場からも大きな拍手が起きていた。

向井地から「最後は私たちの原点でもありバンド名の由来にもなったこの曲です」と紹介されてから「靴紐の結び方」を披露して幕を閉じた。ライブの後にはアフタートークも実施。
吉橋柚花(ドラム)

吉橋柚花(ドラム)

Lacet

Lacet

セットリスト

M01:1994年の雷鳴(全員)
M02:鈴懸(全員)
M03:After Rain(全員)
M04:ヘビーローテーション(全員)
MC
M05:365日の紙飛行機(髙橋彩音)
M06:情熱大陸のテーマ(高岡薫)
M07:初日(齋藤陽菜)
M08:青くさいロック(向井地、行天、吉橋、斎藤)
MC
M09:Don't say "lazy"(全員)
M10:ペダルと車輪と来た道と(全員)
M11:GIVE ME FIVE!
E01:靴紐の結び方
Lacet

Lacet

向井地美⾳(ボーカル&ギターと齋藤陽菜(ギター)

向井地美⾳(ボーカル&ギターと齋藤陽菜(ギター)

(C) AKB48

(C) AKB48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着