AKB48『SENSUALITY』セクシー&クー
ルなライブ:加藤玲奈・宮崎美穂・込
山榛香・篠崎彩奈・左伴彩佳・茂木忍

宮崎美穂「お昼から刺激的じゃないです
か︖」

約1年前となる 2019年12月8日に行われた『AKB48 劇場14周年記念公演』がきっかけとなり誕生したAKB48の新ユニット8組。そのうち5組のユニットは、今年 2月22日から25日に渋谷ストリームホールにて開催された『2020 AKB48 新ユニット?新体感ライブ祭り♪』でお披露?ライブを開催したが、新型コロナウイルスの影響で延期していた残り3組のユニット振替公演を『2020 AKB48 新ユニット新体感ライブCONNECT 祭り♪』と題して、11月28・29日の2日間に渡りAKB48劇場で開催された。

11月29日に登場したのはファッション誌のモデルをつとめる加藤玲奈や、韓国での⼈気も⾼い宮崎美穂をはじめとした、込⼭榛⾹・篠崎彩奈・左伴彩佳・茂⽊忍の 6 名で結成された『SENSUALITY(センシュアリティ)』。

初お披露⽬となる今回は、「点滅フェロモン」、「従順な slave」など⼤⼈な雰囲気の4曲を披露。

左伴が「私たちは⼤⼈メンバーで結成されたセクシー&クールな⼥⼦ユニットです︕ユニット名には⾊気や官能という意味があります。私たちのパフォーマンスでセクシーさや⼤⼈っぽさを感じていただければと思います︕」と挨拶。

自己紹介MCでは宮崎は「お昼から刺激的じゃないですか︖」と笑いを誘い、「本来であれば2⽉に開催予定だったライブから 9ヶ⽉延期となり、今⽇を楽しみにしていました︕チームの垣根を超えた、6 ⼈の公演を楽しんでください︕」とコメント。茂⽊は「みなさんがマスクの中でにやけてしまうようなセクシーな公演にしたいです」、込山は「いつもはチームKのキャプテンとしてしっかりしなきゃと思っていますが、今日は最年少です!最年少でもセクシーに頑張っていきたいと思います!」、左伴は「この中では一番の後輩です。セクシーでいろっぽいパフォーマンスをしていきたいです」と意気込みを語った。
SENSUALITY

SENSUALITY

込⼭榛⾹、茂木忍、左伴彩佳

込⼭榛⾹、茂木忍、左伴彩佳

込山「念願の「ジッパー」が歌えて嬉し
いです」

ユニットブロックでは込⼭が「ジッパー」、左伴が「Sheʼs gone」を披露。加藤・篠崎・宮崎による「抱きしめられたら」などを挟み、茂⽊が「Hate」、宮崎が「Blue Rose」、篠崎が「わるなん」、加藤が「誕⽣⽇ TANGO」をソロで披露した。

ソロ曲はメンバーがそれぞれ歌いたい曲を選曲したということで、MC では込⼭が「ずっとやってみたかった念願の「ジッパー」が歌えて嬉しいです︕」と楽曲への想いを語り、宮崎は「何年もやっていますが未だにソロは緊張します」と感想をコメント。「She's gone」を披露した左伴は「椅子を使わない振付は全部自分で考えました」と語ると、メンバーからも「凄い!」「綺麗だった!」と大絶賛。

続いて 6 ⼈全員で「Teacher Teacher」「⾶べないアゲハチョウ」「HA︕」などの楽曲を、『SENSUALITY』らしい情熱的なパフォーマンスで魅せ、「Party is over」で本編を終了。
込⼭榛⾹

込⼭榛⾹

篠崎彩奈

篠崎彩奈

左伴彩佳「可愛い先輩ばかりだったので
、とても刺激になりました」

アンコールは「ロマンス拳銃」「ウインクの銃弾」とアップテンポな2曲で盛り上げ、加藤が「またぜひ『SENSUALITY』でステージに⽴ちたいです︕本⽇はありがとうございました︕」と挨拶。

宮崎は「凄く楽しかったです!また2回目、3回目とセンシュアリティの活動が続いていければいいなと思います」と語り、左伴は「このユニットが発表された時に、ここで大丈夫かなと心配でした。みんな、可愛い先輩ばかりだったので、とても刺激になりました。こんな素敵な先輩の中で踊れるのは幸せです」と語ると、ステージの先輩メンバー全員が過剰反応を見せていた。

最後は「Mosh & Dive」で劇場内を湧かせ、公演のラストを飾った。アフタートークでは左伴は「みゃおさん(宮崎)は最初、怖かったです。でもレッスンが始まると本当に楽しかったです」と告白すると、宮崎からも「みゃおさんが怖い道は、誰も通る道ですから」とフォローするシーンも見られた。
SENSUALITY

SENSUALITY

SENSUALITY

SENSUALITY

セットリスト

No. タイトル メンバー
overture
1 Ruby ALL
2 Ambulance ALL
3 点滅フェロモン ALL
4 従順な slave ALL
5 ジッパー 込⼭
6 Sheʼs gone 左伴
7 抱きしめられたら 加藤・篠崎・宮崎
8 Hate 茂⽊
9 Blue Rose 宮崎
10 シャワーの後だから 込⼭・左伴・茂⽊
11 わるなん 篠崎
12 誕⽣⽇ TANGO 加藤
13 Techer Teacher ALL
14 ⾶べないアゲハチョウ ALL
15 LOVE TRIP ALL
16 HA! ALL
17 回遊⿂のキャパシティ ALL
18 Party is over ALL
ENCORE
19 ロマンス拳銃 ALL
20 ウィンクの銃弾 ALL
21 Mosh & Dive ALL
SENSUALITY

SENSUALITY

(C) AKB48

(C) AKB48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着