「危険なビーナス」“勇磨”ディーン
・フジオカに反響 「おディーンさま
には勝てる気がしない」

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第8話が、29日に放送された。
 伯朗(妻夫木)は、自宅に突然押しかけてきた牧雄(池内万作)から、康治(栗原英雄)が行っていた、脳の研究記録を見つけてほしいと頼まれる。
 そこには、伯朗の実父・一清(R-指定)の脳腫瘍に関する研究データが書かれており、画期的な発明につながる内容だという。牧雄が探していた「価値があるもの」とは、康治の研究記録だったのだ。
 それを聞いた伯朗は、一清が康治の治療を受けた後に、若くして亡くなっていたことから、「康治が母・禎子(斉藤由貴)を手に入れるため、一清の死を意図的に早めたのではないか」という疑念を抱く。
 一方、勇磨(ディーン・フジオカ)も研究記録の価値に気付き、楓(吉高)に急接近する。
 物語も終盤に入り、次々と謎が明かされていく展開に、SNS上には、「期待を裏切らない面白さ」「面白い展開になってきた!」「一つ分かるとまた新たな謎…来週が待ち切れない」といったコメントが集まった。
 また、楓の言葉に違和感を持った伯朗が、楓のマンションを訪れると、そこには風呂上がりの楓と勇磨がいて、勇磨から「失せろ、負け犬」と追い返されるシーンが放送された。
 すると、「あんなふうに勇磨が出てきたら負けるわ。やっぱディーンかっけぇ」「おディーンさまには勝てる気がしない」「かっこ良過ぎて、鼻血出そう!」「おディーンさまだから許されるせりふ。言われてみたい」などと大きな反響を呼んだ。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着