竹内涼真の初舞台&初主演ミュージカ
ル『17 AGAIN』製作発表~「自分が1
7歳の時はどうやったら女の子にもて
るかしか考えていなかった」と苦笑い

2021年5月16日(日)から東京・東京建物Brillia HALLにて、ミュージカル『17 AGAIN』(セブンティーン・アゲインが世界初演を迎える。本作の製作発表会見が11月30日(月)に都内にて行われ、主演を務める竹内涼真とソニン、エハラマサヒロ、桜井日奈子、有澤樟太郎、水夏希が演出を務める谷賢一と共に登壇した。
本作はザック・エフロン主演で2009年に公開され、全米初登場1位を記録したコメディ映画を世界で初めてミュージカル化したもの。負け組としての人生を甘んじて受け入れている35歳の男が、バスケットボールのスター選手だった17歳の頃の姿に戻り、もう一度人生をやり直そうと奮起する姿が描かれる。竹内は初舞台、初主演にして17歳と35歳の2役を演じるという点でも話題となっている。
竹内涼真
竹内涼真

会見に先駆けて「#brandnewday」と「The Greatest Prize」の2曲が披露された。「#brandnewday」は女性アンサンブルキャスト3名が歌い踊る中、竹内がステージに現れて声量豊かに、そして生バンドの奏でる音楽に合わせ元気いっぱいに歌い上げる。そして「The Greatest Prize」ではソロで何かを訴えるように力強く熱唱。この日会場に集まった190人のオーディエンスから大きな拍手を浴びていた。
堀義貴
会見に先駆けてホリプロの堀義貴社長が挨拶。「本作は若い竹内涼真が初めて舞台に出演する、ということで探してきた作品。明るくてほろりとくる作品です」と竹内並びに作品を紹介した。その後メインキャストがステージに姿を現し、会見がスタートした。
(左から)有澤樟太郎、桜井日奈子、ソニン、竹内涼真、エハラマサヒロ、水夏希、谷賢一
竹内涼真

マイク役の竹内は「本当に光栄なことに初ミュージカルで主演を務めさせていただきます。時間がない中ではありますがこの作品の熱量だけはお伝えしたいと思い、お客さまに披露しました」と笑顔を見せるも「先ほどのパフォーマンスは自分でも反省点がたくさんあって、途中で喉も潰れてしまったのでめちゃくちゃ悔しい思いもありましたが、来年の本番に向かって、死ぬ気で努力して、観に来てくれたお客さんを全力で楽しませて帰っていただけるよう本番まで頑張ります」と正直な想いを吐露した。
ソニン
マイクの妻スカーレット役のソニンは「来年に明るい未来を私たちが照らす事ができれば」と笑顔。竹内のパフォーマンスについて「(舞台袖で)『ヒュー! ヒュー!』と言って、ノリノリで聴いていました。私、竹内さんはダンスをやったことがないと聞いて驚いて! 見ていてダンスもできる方なんだと思ってみていたので、ビックリしました。コメントを聞いていても自分を俯瞰して客観的に分析している。私たちでも製作発表の歌披露はめちゃくちゃ緊張するのに、また本番まで5、6か月もあって役も入ってない状態での歌唱披露は相当なチャレンジです」と言うと、竹内は「そういうものなんですか!?」と思わず声を上げ、会場から笑い声が響いていた。ソニンは「この状態であれだけのパフォーマンスが出来るという事は、この先も吸収して伸びていくんだろうなと思うと震えました」と感想を述べていた。ちなみにソニンが演じるスカーレットも、17歳と35歳の2役を演じるということで「谷さん、17歳の部分は短めでお願いします」と苦笑いを浮かべながらリクエストしていた。
エハラマサヒロ
マイクの親友ネッド役のエハラは竹内に対抗したいのか、イケメン風ボイスで挨拶を始めるが途中でこらえきれなくなり噴き出していた。「最初の二人がめっちゃスタイリッシュに喋るのでどう喋ろうかなと。原作がコメディなのと、僕の役はふざけていいキャラクターなので全力でふざけて全力で楽しみたい」とコメントした。エハラは「この時期に短パン姿は勝俣州和さんかと(笑)」と自分の衣裳に触れ、SFオタクという設定に「やるのがおもしろそう。これまで何本かミュージカルをやらせていただいていますが、やる前からこんなに面白そうなのは初めて」と嬉しそう。そして竹内について「舞台上でかき回してめちゃくちゃ困らしてやろうと思います。竹内涼真の崩れた顔を芝居で見せられるように舞台上でくずしていきたい」とニヤリとしていた。

水夏希

ジェイン・マスターソン校長役の水は「今初めて楽曲を聴かせていただいたんですが、とてもポップですし“すべては自分次第”という歌詞が凄くいいな! と思いました。このミュージカルで皆さんに笑顔を届けたいです」と微笑みを浮かべつつ挨拶した。水の役はエハラ演じるネッドから一目ぼれされるという事で「ぱっと見厳しそうに見える役は楽勝です!」と胸を張ってコメント。「エハラとコンビでわちゃわちゃする雰囲気を作っていけたらいいねって話していました」と語っていた。
桜井日奈子
マイクとスカーレットの娘マギー役の桜井は「ミュージカル初挑戦です。先ほど舞台袖で竹内さんの歌をワクワクしながら聴いていました。稽古が今から楽しみです」と緊張しつつコメント。過去竹内と共演経験があるが「その時はバカップル役で(笑)。現場の空気を明るくする竹内さんが今回座長なので、きっと本番までも楽しくなりそう」と期待を込めていた。
有澤樟太郎
マギーの彼氏スタン役の有澤は「映画版を見たとき、スタンを見て『こいつ、マジか』と心から思ったんですが、皆さんにも『マジか』と思ってもらえるように、自分なりにこの作品を盛り上げていきたい」と語った。また劇中、竹内と張り合う場面があるという事で「心身ともに鍛えていきたいです」と今から準備をしたいと話していた。
谷賢一
そして谷は「今日舞台裏で涼真くんと話していたら『緊張する!』と言うので、僕にまでその緊張が移って柄にもなく始まるまでドキドキしながら見守っていたんです。素晴らしいパフォーマンスでした」と竹内を褒めていた。
この日初めて歌披露した事の感想を問われた竹内は「普段映画やドラマでは緊張しないんですが、今日までの期間珍しく緊張していました。このZepp Tokyoのステージに立って、まずステージの広さにビックリしてどう使おうかと(笑)」と本音を吐露。そして1曲目でキャーキャーと声がかかりそうな楽曲について「キャーキャーと声をかけられるピークはもう過ぎましたね。2年前くらいに」と答えて笑いを誘っていた。また「ダンスも27歳になって初めての体験だったんで、リズムを取るのも最初は危うい感じでずっと特訓していたんです」と裏話を語っていた。
そして2曲目については「本当に大変で、本番までには歌を届けるところと、気持ちを届けるところを振りなどを詰めていくんですが、ステージに立ってどういう風にお客さんに伝えたらいいのか僕の中でまだ見えていない、どこを見て歌えばいいのかなど、自分の中でまだつかめていないんです」と反省しきりだった。
(左から)ソニン、竹内涼真
質疑応答では竹内自身が17歳の時はどんな少年だったか、そして35歳になった時どんな大人になっていたいか、という質問が寄せられた。すると竹内は「17歳の頃はずっとサッカーをやっていたんですが、高校の3年間が挫折していた時代だったので根っこが腐ったりもしたり、前向きになれていない時期でした。で、学校に行くとどうやったら女の子にもてるかしか考えていなかったので、毎朝一生懸命髪をセットして親から『何分時間かけているの!?』って怒られていました(笑)。そして35歳の自分は……あと10年もないですよね……。もしかしたら結婚したり、子どもがいるかもしれない。まだ分からないですけど。自分は演技をしているときが一番好きで、この仕事に向いてるなと再認識しているので、その質や技術を上げて、アジアやいろんな国の方とお仕事をしたい。このミュージカルは、その第一歩となる挑戦です。まず30歳に向けてこの舞台で乗り越えていきたいです」と力を込めていた。
(左から)ソニン、竹内涼真
(左から)エハラマサヒロ、水夏希、谷賢一
(左から)有澤樟太郎、桜井日奈子
取材・文・撮影=こむらさき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着