AKB48立仙愛理 『Never Enough』を
裸足で熱唱「いい女の感じが出せたの
では」AKB48歌唱力No1決定戦

「素晴らしい表現力でした」

国内AKB48グループのメンバーが、“歌唱力No.1”の座をかけて歌声を披露する「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」。第3回の決勝大会が2020年12月1日(火)にTBS赤坂ACTシアターで行われた。AKB48国内6グループ所属のメンバーの中から立候補した134名による予選を開催し、決勝進出した19人が集まった。

第2組に登場して映画『グレーテストショーマン』より『Never Enough』を熱唱したのがAKB48チーム8高知県代表の立仙愛理。ステージに登場するとマイクスタンドにマイクを設置して英語の『Never Enough』を披露。歌い終えるとMCから「立仙さん、裸足で歌っていましたよね?」と振られると、「ばれちゃいましたか!今は履いてますよ(笑)」と笑顔で語っていた。

MCが「素晴らしい表現力でした」と語ると、立仙は「私が歌った曲は映画『グレーテストショーマン』の劇中曲ですが、そのシーンとこの会場の光の感じが似ていました。"いろんなものを持っているのに足りない"ということを訴えるような、いい女の感じが出せたのではないでしょうか?楽しかったです(笑)」とにっこり。

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

「そのシーンとこの会場の光の感じが似ていました」

「そのシーンとこの会場の光の感じが似ていました」

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

AKB48歌唱力No1決定戦での立仙愛理

「いい女の感じが出せたのではないでしょうか?楽しかったです(笑)」

「いい女の感じが出せたのではないでしょうか?楽しかったです(笑)」

The Greatest Showman - Never Enough Lyric Video

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着