AKB48歌唱力No1決定戦 小田えりな 予
選&本番も尾崎豊の名曲を披露

国内AKB48グループのメンバーが、“歌唱力No.1”の座をかけて歌声を披露する「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」。第3回の決勝大会が2020年12月1日(火)にTBS赤坂ACTシアターで行われた。AKB48国内6グループ所属のメンバーの中から立候補した134名による予選を開催し、決勝進出した19人が集まった。

第3組に登場して尾崎豊の「I LOVE YOU」を熱唱したのがAKB48チーム8神奈川県代表の小田えりな。歌い終えるとMCから「どんな想いで歌いましたか?」と振られると、小田は「予選でも尾崎豊さんの曲を歌い、本番でも歌いました。昨年も出場しましたが、昨年も『I LOVE YOU』を歌おうか迷ったのですが、歌いませんでした。今年は『I LOVE YOU』を歌おう!と決めてやってきましたので、歌えて嬉しいです」と裏話も語っていた。小田は予選でも尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」を披露していた。

尾崎豊の楽曲は誰もが知っていて受け継がれている名曲。今でも老若男女の多くのアーティストがカバーしており、誰もが口ずさんだことがある曲ばかりだろう。「I LOVE YOU」は日本人アーティストだけでなく英語圏、中国、韓国でもカバーされている。

幻冬舎の代表取締役社長の見城徹氏の著作『読書という荒野』(幻冬舎)で尾崎豊について以下のように書かれていた。

「自己救済が『表現』の初発ならば、尾崎豊ほどオーソドックスな表現者はいなかったと断言できる。30年近くたった今も、尾崎豊の曲が人生のとば口にいる多くの若者を引きつけるのは、誰もが1回は世界を信じられない絶望的な自分を経験するからだろう。 1回はどうしようもない自分の暗黒を通らなければ、人は善く生きることなどできないはずだ。尾崎豊が問いかけたものは、『お前は楽をして生きているのではないか?』という永遠の問いなのだ。」

なるほど、尾崎の楽曲が今でも多くのアーティストに歌い継がれていて、世代や国境を越えて多くの人の心に届くのが理解できる。その尾崎豊の楽曲を予選でも本番でも小田えりなが披露した。尾崎豊の心に響く歌詞と小田えりなの心に沁みる優しい歌声が調和したとても素敵なステージだった。

また審査員席の井上ヨシマサ氏から「友達のおだえり」と言われた時のステージ上の小田の嬉しそうな笑顔も印象的だった。

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

審査員席の井上ヨシマサ氏から「友達のおだえり」と言われた時の小田えりな

審査員席の井上ヨシマサ氏から「友達のおだえり」と言われた時の小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

AKB48歌唱力No1決定戦での小田えりな

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着