MUCC

MUCC
MUCCからSATOち(Dr)の脱退が発表された。正式な脱退期日詳細は現状未定ではあるが、2021年春とのこと。

1997年のバンド結成時からのオリジナルメンバーであり、誰からも愛されるムードメーカーでもある彼の脱退の衝撃は大きい。そして、現在発表されている唯一のワンマンライヴである12月27日(日)の日本武道館公演『惡-The brightness world』が彼にとって最後の武道館公演となる。日本武道館での公演は2003年にイベントで初出演して以来、ワンマンライヴは6回を数え、今回のライヴが7公演目となる。

また、年末恒例であったイベント「天嘉」「JACK IN THE BOX」などへの出演も多く、イベント出演では実に15回も日本武道館のステージに上がっている。彼にとっても思い入れの深い年末の日本武道館、万感の思いを込めて、彼のステージでの姿を目に焼き付けてほしい。

脱退にあたってのメンバーからのコメントが到着しているので、チェックしよう。非常に残念かつ悲しい出来事ではあるが、SATOちとバンドが決断したこの選択を前向きな未来と捉え、日本武道館公演での彼らの雄姿を見届けよう。

【コメント】

■SATOち(Dr)
「突然の報告になってしまい、ごめんなさい。自分はMUCCを脱退し、ドラマーとして音楽から引退します。もっと早く伝えたかったのですが、メンバーとスタッフと話し合って、この日に報告しようと決めました。メンバーに脱退したいという意向を伝えたのは今年5月の話になります。決して、MUCCが嫌いになったわけではないという事はわかってほしいです。脱退の意向を伝えてからも、いつもと変わらず接してくれたメンバー、本当にありがとう。自分なりに、できるだけのことはやったつもりです。悔いはありません。辛い事はたくさんあったけど、それ以上に楽しい事もたくさんありました。まだもうちょっと、MUCCのドラマー・SATOちとしての残りの時間を悔いのないよう、楽しくやっていけたらな、と思っています。俺が抜けてもMUCCは走り続けます。夢烏のみんなには、変わらずMUCCを応援していって欲しいと思います。MUCCのドラマーを23年やったという貴重な体験をさせてくれたメンバー、スタッフ、そして大好きな夢烏の事、一生忘れません。今はただ、決まっているライヴを精一杯頑張るつもりです。声は出せなくても、楽しんでる顔を見せてもらえればそれが俺にとって一番の幸せです。もうちょっとだけ、SATOちにお付き合いください。それじゃ、武道館で」

■逹瑯(Vo)
「バンドは家族みたいなもんだとよく耳にしたり口にしたりします。確かに家族みたいなもんで友達よりも絶対的に近い存在なのに友達だったら普通に知ってる事を全く知らなかったり友達では知りえないことを知っていたり。MUCCも20年超えた活動でやっぱりそんな感じになっていてSATOちから脱退の話を聞いた時はなんか変に落ち着いて聞いていました。でもやっぱりここ数年しんどい状況とかを見てきてこれ以上頑張って続けてもらう事が彼にとって幸せなのかわからなくなっていて自分的にはSATOちには幸せでいてもらいたいって気持ちが強くてMUCCとしてではなく高校からの同級生としてポジティブに送り出してあげたい思いです。友達とか仲間にランクを付けるみたいな感覚に感じるから親友って言葉が嫌いだったんだけどSATOちの事は家族ではなくきっとそう呼んでも良い気がします。配信とかで見てもらってる通り本当に脱退するの?ってくらい良い空気で活動できてるので多分いま最高のMUCCをやれてるとおもいます。残り少ない現メンバーでのMUCC見といてください。なんか変な脱退のコメントになっちゃったし何が言いたいかわかんなくなっちゃったけどオレはMUCCのメンバーSATOちと高校の同級生のヤスの決断をポジティブに受け入れられているので時間はかかるかもしれないけど皆んなも同じ気持ちになれると良いな」

■YUKKE(Ba)
「この『脱退』って言葉を聞いた時の自分の思いは、みんなと近いのかもしれない。その意思があることを知った時は、まだなんとかなる、自分なら前向きにさせてあげられる、大丈夫、そんな自信があった。だからか直感に任せた行動しかできなかったけど何度か二人でも話したよ。自分なりの最後のわがままはこの時にぶちまけたつもりです。そんな自分もメンバー4人で会って話をする中で少しづつだったけどSATOちの意思を前向きとして理解できるようになっていったかな。その渦中でもMUCCはやっぱりMUCCであったしやるべき事はたくさんあったしSATOちは以前より明るく見えたよ。人の笑顔が大好きなSATOちの笑顔が最近増えているように感じるのでこのまま最後の瞬間まで自分達らしく突っ走るつもりです。ちなみに、久しぶりに2人で会って話すことになった時、いつも会ってたSATOちなのになぜかドキドキしてしまい何をどう話そうなんて悩んでたけど現れたSATOちにでた第一声が『アホ太郎、、、』でした。彼は照れ笑いしてました。そんな関係はこれからも続いていくんだろうな。応援しとるよ!」

■ミヤ(Gu)
「突然の報告になって、ごめんなさい。4人が、互いの人生を、それぞれ前向きに、生きて行くための、選択です。SATOち23年間、かけがえのない時間をありがとう」

『惡-The brightness world』

12月27日(日) 東京・日本武道館
OPEN 16:00 / START 17:00

<チケット>
チケット料金:全席指定 ¥9,600(税込)
プレイガイド3社合同2次先行:11月25日(水)12:00~12月6日(日)23:00
・イープラス: https://eplus.jp/mucc20201227/
・ローソンチケット: https://l-tike.com/mucc20201227/
・チケットぴあ: https://w.pia.jp/t/mucc20201227/
※未就学児入場不可 ※営利目的の転売禁止
一般発売日:12月13日(日)

MUCC無観客配信ライヴ『FROM THE UNDERGROUND』アーカイブ配信

受付期間:12月4日(金)20:00まで
<チケット>
チケット料金: ¥3,969(税込)
■配信サイト
ZAIKO:視聴・購入 https://muccofficial.zaiko.io
ニコニコ生放送:視聴・購入 https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329087697

MUCC

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着