小西詠斗、髙石あかり、安里勇哉ら出
演で「地縛少年花子くん」をミュージ
カル化 キャラクタービジュアルも解

2021年1月22日(金)~1月24日(日)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、1月28日(木)~1月31日(日)東京・東京ドームシティ シアターGロッソにて、『地縛少年花子くん-The Musical-』が上演されることが決定した。
原作は、月刊「Gファンタジー」 (スクウェア・エニックス刊)で連載中の、あいだいろによる同名漫画。かもめ学園に伝わる七不思議のひとつ「トイレの花子さん」こと“トイレの花子くん”を、ヒロインの八尋寧々が呼び出したことがきっかけで、学園に潜む怪異たちが怪しく動き出すハートフル便所コメディだ。現在、原作漫画は14巻まで発行され、2020年1月からはTBSほかにてTVアニメが放送された。そんな本作がミュージカルになる。
花子くん役:小西詠斗 キャラクタービジュアル (c)あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会
八尋寧々役:髙石あかり キャラクタービジュアル (c)あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会
主人公・花子くんを「舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち」に出演の小西詠斗。またヒロイン・八尋寧々を舞台『鬼滅の刃』禰豆子役で話題となった髙石あかり、花子くんと寧々と共に学園の事件を解決することになる祓い手・源光を『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』出演の谷水力。そして、かもめ学園の教師でもあり、七不思議の1人でもある土籠を舞台『おそ松さん』F6一松役を演じた、安里勇哉、花子くんとそっくりの少年・つかさ役を設楽銀河、中等部の昇降口に現れる幽霊・ミツバ役を三原大樹、寧々の親友であり、怪談話好きの赤根葵役を朝倉ふゆな、七不思議の1人であるヤコ役を佐倉花怜、謎の美少女・七峰桜役を関根優那、桜と行動を共にする謎のイケメン・日向夏彦役を黒田昊夢が演じる。
脚本・作詞は、舞台『剣が君』の脚本やミュージカル『刀剣乱舞』で作詞を務める浅井さやかが担当する。演出は、『王室教師ハイネ-THE MUSICAL-』やミュージカル『スタミュ』シリーズなど2.5次元舞台を多数手掛ける吉谷光太郎が務める。
なお、本公演のチケットは、12月3日(木)18時よりイープラスにて、オフィシャル最速先行予約の受付がスタートする。
【あらすじ】
かもめ学園高等部1年生のおまじないや占いの大好きな八尋寧々は、学園に伝わるとある噂話を耳にする。大切なものと引き替えに願いを叶えてくれるという『トイレの花子さん』。どうしても叶えたい願いのある寧々は、旧校舎の女子トイレで花子さんを呼び出す。だがそこに現れたのは、なんと男の子の幽霊だった?! その日から女子トイレの花子さん、ではなく七不思議七番「花子くん」の助手となった寧々。そこに花子くんを追ってきた祓い屋の少年・源光も加わり、3人は学園に潜む怪異たちに立ち向かう⁈-果たして学園に巻き起こる事件を解決することはできるのか?

原作者:あいだいろ コメント
昔から舞台、特にミュージカルには特別に心が惹かれます。なので今回の舞台化は個人的になんだかとても感慨深く、また嬉しく思っています。花子くんがミュージカルになる! 舞台上では一体どんな世界が展開されるのか、今からとても楽しみです!
脚本・作詞:浅井さやか コメント
『学校の七不思議』に憧れがありました。怖いくせに見たいし触れてみたいというドキドキする感覚を友達と分かち合う。あぁ……旧校舎のトイレのドア、ノックしてみたかったなぁ。この作品はいろんなものが共存しています。奇妙で愉快、可愛くてかっこいい、苦しくて嬉しい、憎らしくて愛しい、過去と今、生と死、此岸と彼岸―……。その混沌とした中で花子くんや寧々ちゃんが「何を」魅せてくれるのか? 今からとても楽しみです。
演出:吉谷光太郎 コメント
おどろおどろしいものってミュージカルにとっても合うんです。不安になるものやびっくりするもの、そこには驚きの音色が溢れます。その中に見える不思議で怖くて楽しくて魅力的な世界。舞台ではマンガやアニメとはまた違ったアプローチで花子くんの世界を彩りたいと思います。
ぜひ楽しくおどろおどろしいミュ―ジカル版花子くんの扉を開けてください。開幕へ向けてすぐそばまで近づいてきています、ほら、あの子がひたひたと……
花子くん役:小西詠斗 コメント
この度、『地縛少年花子くん-The Musical-』で主人公の花子くん役を務めさせていただきます小西詠斗です。原作の漫画やアニメが大人気のこの作品で、主人公の花子くんを演じることができ、大変光栄に思っています。そして、僕自身本作が初主演、そして、初のミュージカル作品となるので、今からワクワクするとともに、気の引き締まる思いで一杯です。僕もこの作品がとても大好きなので、皆さんと早くこの気持ちを共有したいと思っています。是非本番までお楽しみにお待ちください!
八尋寧々役:髙石あかり コメント
七不思議のちょっぴりダークな部分の内にある、怪異たちの物語に涙し、花子くんと寧々ちゃんの2人の強さに心惹かれ、そしてもっけちゃんに盛大に癒してもらった、こんな素敵な作品に「八尋寧々ちゃん」として舞台に立たせていただけること本当に嬉しく思います。怪異の世界へ踏み込むドキドキ感、花子くんと寧々ちゃん2人の別のドキドキ感、生の劇場でしか味わえない緊張感などなど。吊り橋効果いっぱいの『地縛少年花子くん-The Musical-』ぜひ劇場でお楽しみください!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着