林翔太、太田基裕ら出演、若者の瑞々
しい感性を描いたミュージカル『EDG
ES -エッジズ-』が開幕 各キャスト
のコメント&チームBLUEの舞台写真が
到着

ミュージカル『EDGES -エッジズ-』日本初演が、2020年12月3日(木)~6日(日)にチームBLUE、続く12月7日(月)~10日(木)にチームREDと、クリエイティブスタッフ・出演者を2チームに分けた形で新国立劇場 中劇場にて連続上演される。
この度、開幕にあたり各キャストのコメントとチームBLUEの舞台写真が到着した。
本作は、映画『ラ・ラ・ランド』の作詞、『グレイテスト・ショーマン』の楽曲を手掛けた作詞・作曲デュオ、パセック&ポールこと、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが学生時代に生み出したデビュー作。出演者は4人のみで、一つのテーマのもとに1曲1話完結の楽曲をオムニバス形式で綴る、“ソングサイクル”という新しい形のミュージカルだ。
(前列左から)増田有華菜々香(後列左から)太田基裕、矢田悠祐
作者であるパセック&ポールは、本作の上演時には、曲順を入れ替える、オーケストレーションを自由にアレンジするなど、創造性を注ぎ込んだ様々な実験を行うことを推奨している。そこで日本初演となる今回は、2組の演出家・音楽家・出演者にチームを分けた形で連続上演するという、競作に挑戦。チームBLUEは、太田基裕、矢田悠祐、増田有華、菜々香が出演。演出を元吉庸泰、音楽監督を園田涼が務める。チームREDは、林翔太、藤岡正明実咲凜音、梅田彩佳が出演。演出を荻田浩一、音楽監督を奥村健介が担当する。
物語に登場するのは、日々を精一杯生きながらもふとした瞬間に、抱えた胸のモヤモヤに懊悩する若者たち。「自分は誰? 何になりたい?」「これは愛だと思うからあなたも私を愛して欲しい」と、感情の爆発、周囲の期待からの逃避、人間関係の軋轢。大人になるってどういうこと……? など、愛、責任、アイデンティティ、人生の意味を正直に問うミュージカルになっている。
きらきらしく瑞々しい本作が、それぞれのチームでどう色付けされるのか。BLUEとREDで全く違う『EDGES』を体感してみてはいかがだろうか。

(左から)太田基裕、菜々香、増田有華、矢田悠祐

チームBLUE 出演者コメント
■太田基裕
4人のキャストそれぞれの個性が魅力的に描かれています。
この4人だから生まれる感覚が、観に来てくださる方の心に少しでも触れられたら嬉しいです。
楽しんでください。
劇場でお待ちしています。
■矢田悠祐
若かりしパセック&ポールの生み出した楽曲は、
まさにその名の通りエッジが効いていて、どれもパンチがあり耳に残るものばかりです。
そして、その分歌いこなすのも大変です(笑)。
ですが素敵な曲ばかりですので、皆さんもお気に入りの一曲を探してみて下さい。
それぞれのチーム独自の演出のもと生み出される世界を、皆さんと共に楽しみたいと思っております。
劇場でお待ちしております。
ようやく幕が開きます!
■増田有華
4人だけで16曲の楽曲をソングサイクルでお送りするこの舞台。はじめて譜面をいただいた時は悲鳴をあげる程難しく試行錯誤の日々でした。
ですが、こうして形になり、ミュージカルってやっぱり楽しい! とそう感じています。
一度中止になってしまった舞台ですが、無事初日を迎えられたことに感謝します。様々なことに制限をかけられている今、皆さまに元気と笑顔をお届けできたらと思います。是非見に来てくださいっ!!!
■菜々香
初日が来るまでにこんなにドキドキしたのは初めてです。
いま無事に幕が上がる事、とても嬉しく思います。
千秋楽まであっという間ですが、毎公演新しい気持ちで、来て下さるお客様がとにかく元気になってもらえる舞台を届けたいと思います!!
チームRED 出演者コメント
■林翔太
本日12月3日、無事にEDGESの初日を迎える事ができて凄く嬉しいです!
僕が出演するTeam REDの公演は7日からですが、まずはTeam BLUEの公演成功を祈りつつ、しっかりバトンタッチできるよう最後の最後まで稽古を積み重ねていきたいと思います! 一度は中止になってしまったEDGESですが、今だからこそできるEDGESをお届けします!
■藤岡正明
EDGES、とうとう開幕です!
“永遠とも思える
大災害の中でも
頑張っていれば
縁することができる
ステキな瞬間!"
ともかく劇場に来ていただきたい!!!
■実咲凜音
私自身も、個性豊かな皆さんとの化学反応がどのような感じになるのかとても楽しみです。
それぞれの曲が、どこか共感できて力強い楽曲になっています。
2020年最後の舞台。
エネルギッシュに弾けたいと思いますので!
そのエネルギーを是非!受け取りに来て下さい!
■梅田彩佳
いよいよ本番が近づいてきました。
緊張して楽しんで、怖くなってまたワクワクして。
毎日めまぐるしい感情になってます(笑)。
でも確実に言えるのは、その瞬間にしかさ芽生ええないその大切な感情を素敵な音楽にのせてみんなとのハーモニーを楽しんで頑張ります!
楽しみにしててください!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着