AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 第3
回大会優勝はSTU48池田裕楽:ファイ
ナリスト9人でオリジナル楽曲制作決
定!作曲はゴスペラーズ黒沢薫

国内AKB48グループのメンバーが、“歌唱力No.1”の座をかけて歌声を披露する「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」。第3回の決勝大会が2020年12月1日(火)にTBS赤坂ACTシアターで行われ、CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」で生中継された。

優勝はSTU48・池田裕楽。池田は1曲目は一青窈の『かざぐるま』を披露。ファイナルに残った8人のうちオオトリを務めることになった池田は最後に久保田早紀の『異邦人』を披露し圧巻の歌唱力を見せつけた。2位はSKE48の野島樺乃。3位はAKB48の岡田奈々。

さらに、今大会のファイナリストら9人が歌うオリジナル楽曲を制作することが、ステージ上でサプライズ発表された。

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」は2019年1月に第1回の決勝大会が行われ、SKE48・野島樺乃が初代チャンピオンに輝いた。同年10月には第2回大会が開催され、AKB48(当時)・矢作萌夏が2代目女王に。“人気”も“運”も関係ない、“歌唱力”だけでその頂点を決める真剣勝負はさまざまなドラマを生み、AKB48グループの新たな才能を発掘するイベントとしても評価が高まっている。

今回発表されたオリジナル楽曲を歌うのは、決勝大会で1曲目の歌唱審査を突破した"ファイナリスト”8人と、1曲目で敗退したメンバーの中から審査員が選出した審査員特別賞の1人を加えた計9人。本企画恒例のご褒美ライブ「ファイナリストLIVE」をこの9人で行うことは発表されていたが、オリジナル曲の制作はこの日、メンバー自身初めて知ることになった。

9人が歌う楽曲の作曲は、2大会連続で決勝大会の審査員を務めたゴスペラーズ・黒沢薫が担当する。今大会の歌唱順を決める抽選会特番に出演した際には、事前にメンバーの歌唱力を分析するなど、この大会とメンバーへの真剣さと愛を感じさせていた。日本を代表するヴォーカルグループ・ゴスペラーズの黒沢が、9人の魅力をどのように引き出すのか、ぜひご期待いただきたい。楽曲はキングレコードからリリースされる。詳細は後日発表。
岡田奈々(AKB48/STU48)

岡田奈々(AKB48/STU48)

岡田奈々(AKB48/STU48)

岡田奈々(AKB48/STU48)

野島樺乃(SKE48)

野島樺乃(SKE48)

池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦
」最終結果

「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」最終結果
優勝:池田裕楽(STU48)
2位:野島樺乃(SKE48)
3位:岡田奈々(AKB48/STU48)
4位:秋吉優花(HKT48
4位:古畑奈和(SKE48)
6位:矢野帆夏(STU48)
7位:三村妃乃(NGT48
7位:山内鈴蘭(SKE48)
審査員特別賞:山崎亜美瑠(NMB48

※審査員特別賞(今大会から新設)
決勝大会に進出した20人(実際は1人辞退のため19人)のうち、1曲目の歌唱審査で敗退したメンバーの中から、もっとも魅力的だと感じた1人を審査員が選出。選ばれたメンバーは、後日開催される「ファイナリストLIVE」に9人目のメンバーとして出演することが発表されていた。
ゴスペラーズ・黒沢薫、池田裕楽(STU48)

ゴスペラーズ・黒沢薫、池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

池田裕楽(STU48)

野島樺乃(SKE48)池田裕楽(STU48)岡田奈々(AKB48/STU48)

野島樺乃(SKE48)池田裕楽(STU48)岡田奈々(AKB48/STU48)

囲み取材会見(池田裕楽)

囲み取材に登場した池田裕楽。

―― 現在の率直な感想はいかがですか?

池田:この大会に出場してファイナリストに入ることがSTU48加入前からの夢でした。今回、初出場で優勝ですが、まだ実感がありません。私の周りにこんなにたくさんのカメラがあることは初めてです。今でも夢のような感覚です。応援してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

―― 先輩たちの歌を聞いていかがでしたか?

池田:STU48の先輩方も皆さん、歌が上手で憧れていました。今回、一緒に東京に来れて嬉しいです!

―― 今日までにどんな練習をしてきましたか?

池田:練習しようと意気込んでしまうと自分にプレッシャーをかけてしまうので、自分が歌いたい!って思った時に歌っていました。

―― 『異邦人』を選んだ理由は?

池田:私は予選では『なごり雪』(イルカ)を歌いました。予選の時の課題曲に『異邦人』があり、とてもいい曲だなと思ったので選びました。

―― だいぶ年上世代の曲ですが、この曲を聞いてどう思いましたか?

池田:自分で口ずさんでみたときに、自分らしく歌ってみたいなと思いました。

―― STU48の先輩とはもう話しをしましたか?

池田:ドタバタしていたので、まだじっくり話は出来ていませんが、「おめでとう!」と言ってくれました。

―― 特典としてオリジナル楽曲がもらえますが、どんな曲が良いですか?

池田:この大会に出場するにあたって、楽しいことや嬉しいことばかりではなく、大変なことや辛いこともたくさんありました。そのような経験を乗り越えて、この大会に出場できましたので、そのような想いを表現したような曲を歌いたいです。

―― 今回は48グループの多くのファンが見ていました。

池田:今回、48グループで出場しましたので、私のことを知らない方も見てくれたと思いますので、多くの人に知ってもらえたと思いますので良かったです。

―― 今回、出場するにあたってライバルや意識したメンバーはいますか?

池田:自分のことに一生懸命すぎて、まずは20人に入ろうと思っていました。次は8人に入ろうと自分のことばかりを考えていましたので、周りのメンバーをあまり見ることができませんでした。

―― 今回、優勝して48グループの中で「歌唱力No.1」の肩書がつきました。

池田:これからの自信につながると思います。
囲み取材での池田裕楽(STU48)

囲み取材での池田裕楽(STU48)

囲み取材会見(黒沢薫・野島樺乃・池田
裕楽・岡田奈々))

―― 今日の感想をお願いします。

野島:2位をいただきました。1回目に優勝して2回目はお休みしました。久しぶりにこのステージに立ちまして、本当に楽しかったです。歌っている時も集中できて、本当に楽しく幸せな時間を過ごせました。池田ちゃんの歌も本当に素敵でした。1回目の私を見ているような想いで感動しています。

岡田:私は全部出場していますが、今回が一番レベルの高い大会でした。

―― 池田さん、改めてこの状況はいかがですか?

池田:自分がここにいていいのかなぁって思います。

―― 9人で楽曲を制作します。曲のイメージは?

黒澤:池田さんを今日、発見しました。どういうところをどういう楽曲で歌ってもらおうか、これから考えたいと思います。他のメンバーも技術力がアップしています。つまり歌が凄くうまくなっています。このメンバーなら難易度の高い楽曲を作っても大丈夫と思っています。僕がボーカルグループ出身なので、ハーモニーなどもやってもらいたいと思っています。
囲み取材でのゴスペラーズ・黒沢薫、野島樺乃(SKE48)池田裕楽(STU48)岡田奈々(AKB48/STU48)

囲み取材でのゴスペラーズ・黒沢薫、野島樺乃(SKE48)池田裕楽(STU48)岡田奈々(AKB48/STU48)

囲み取材での野島樺乃(SKE48)池田裕楽(STU48)岡田奈々(AKB48/STU48)

囲み取材での野島樺乃(SKE48)池田裕楽(STU48)岡田奈々(AKB48/STU48)

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着