ポルノグラフィティ、初の配信ライヴ
を開催「ポルノグラフィティ、全盛期
はこれからです!」

ポルノグラフィティが、2020年12月4日(金)に東京・LINE CUBE SHIBUYAで、初の配信LIVE『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』を開催した。
タイトルの“REUNION”には、“LIVE”“お客さん”との再会という意味が込められている。エンターテインメントの形が大きく変わった2020年。この状況のなかで“お客さんがいて初めてLIVEは完成する”というスタンスを貫き、“自分たちにしか””音楽でしか”“今しか”できないことを模索してきた。話し合いとトライ&エラーを重ねるなかで辿り着いたのが、リアルとオンラインを合わせたハイブリッド型のライヴだった。
メジャーデビュー20周年を記念した昨年の東京ドーム2DAYS公演以来、約1年3か月ぶりとなる今回のライヴで彼らは、「アポロ」「アゲハ蝶」「ハネウマライダー」などのヒット曲、さらにこのライヴのために用意された新曲「REUNION」も初披露。デビュー22年目の第一歩を力強く踏み出した。
『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より
“REUNION”という文字が映し出され、エレクトロ調のSEが鳴り響くと同時に、会場に足を運んだ観客が手拍子で応える。“1年3か月ぶりのライヴがついに始まる”という緊張と興奮が渦巻くなか、新藤晴一のギターフレーズとともに、岡野昭仁が「僕らが生れてから/半世紀後の世界/サイバー空間で/あなたとつながりたい」というフレーズを奏でる。
オープニングナンバーは1999年のデビュー曲「アポロ」。「会いたかったぜ!」と叫ぶ岡野、キレのいいギターソロを奏でる新藤の表情からは、この瞬間を待ち望んでいたことがはっきりと伝わってきた。
『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より
『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より
AR(拡張現実)を使ったオンラインならではの演出も今回のライヴの見どころ。スパニッシュの香りが漂う「オー!リバル」では、画面上に3DCGによる巨大なサイ、そして、岡野、新藤をモデルにした“デジタルヒューマン”が登場し、エキゾチックな雰囲気の楽曲を盛り上げる。さらに「星球」では、星を想起させる煌びやかなライトが飛び交い、様々なモニュメントが画面上に浮遊。ステージ上にもLEDが設置され、幻想的なムードを生み出した。
最初のMCでは、「1年3か月振りのライヴ、“REUNION”でございます! わしらがポルノグラフィティじゃ!」(岡野)「これはこれでええね。何年か経ったら、思い出に残るライヴになると思う」(新藤)と挨拶。そして、「会場のみなさんは魂を込めた手拍子、拍手をちょうだい。配信を見ているみなさんは、どうぞ満喫してください。新しいエンターテインメントを作ろう!」(岡野)と呼びかけた後は、キャリアを代表するヒットシングルを次々と披露。
『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より
エッジの効いたロックチューン「ワンモアタイム」。重厚なバンドグルーヴと力強いボーカルが共鳴する「2012Spark」。そして、切ない旋律とともに“誰かに会いたい”という切実な願いを描き出す「ヴォイス」。というフレーズは、観客、視聴者の心に強く響いたはずだ。
ここで岡野がチャットを読み上げる。「セトリがすごすぎる」「生きててよかった」「涙で画面が見えんのです」というコメントを紹介し、「しっかりつながっていることを感じます」と感慨深そうに語った。
また「去年のドームの光景がすごく良くて。コロナになって、あれは当たり前のことではなかったんだなと思って」「今日もこんなに集まってくれて。やっぱりスペシャルな光景だよね」と新藤が語り掛けると、客席からは大きな拍手が起きた。
ライヴ中盤では、レアな楽曲が次々と披露された。無数の光がステージ上に美しい木の像を描き出した「シスター」、切ない喪失感を綴ったロックバラード「ルーズ」。さらに打ち込みのビートと生楽器の響きを融合させた「カメレオン・レンズ」では歌詞をARで立体的に映し出し、「海月」では青白く光るクラゲが会場全体を覆う。楽曲の世界観を際立たせる照明も圧巻。
『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より
「拍手にも魂を込めれることを再認識しました」(新藤)という言葉と観客の手拍子に導かれたのは、代表曲の一つ「アゲハ蝶」。切なさと憂いを含んだボーカルが広がっていく。さらに画面には、ポルノグラフィティ特設ページ「MESSAGE TO REUNION」で募集したツイッターのメッセージが次々と現れてはアゲハ蝶に変化し、会場に集まってくる。そして会場がARのアゲハ蝶に埋め尽くされ、それはまさにリアルと配信を融合させ、”みんなの想いはここに集まっている”という今回のライヴコンセプトを象徴するシーンだった。
「一足早いけど、クリスマス気分で盛り上がってくれ!」(岡野)という呼びかけで始まった「Hard Days,Holy Night」からライヴは後半へ。少年時代の夢と現実の自分を重ね合わせ、未来への前向きな気持ちを放つ「VS」を披露した後、岡野は改めて観客に話しかける。
「この1年3か月の間も、君たちの声は届いてた。ポルノグラフィティの歯車を動かしてくれるのは、やっぱり君ら。そんな君たちとまだまだ遠くに行ってみたいから、これからもよろしくね」。
『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より
そんな言葉を挟んで演奏されたのは、「ハネウマライダー」。岡野、新藤が声を合わせて歌い、心地よい高揚感に溢れたバンドサウンドによってライヴは最高潮に達した。岡野の動きに合わせ、拳を突き上げるオーディエンスも本当に楽しそうだ。というライン、感情豊かなギターソロが会場を包み込んだ「一雫」で本編は終了。
アンコールではまず、ライヴのタイトルを冠した新曲「REUNION」が披露された。会場で同じ空間を共有することも、それぞれの場所から繋がることも、これからのライヴシーンにとって大事な光。「紡いだ光を大きな光へと繋いでいきたい」というメッセージが込められた「REUNOIN」によって、大きな感動が生れた。
「お互いに会いたいと思えば、必ず会えるはず。とにかく、やり抜いてやりましょう」(新藤)「今日から新しい世界を作っていけばいいと思います。ポルノグラフィティ、全盛期はこれからです!」(岡野)というコメント、そして、極上のアッパーチューン「ジレンマ」によって、この記念碑的なライヴはエンディングを迎えた。20年のキャリアの中で築いてきたポルノグラフィティの魅力をダイレクトに伝えると同時に、この先のライヴ・エンターテインメントの可能性をはっきりと示す、きわめて意義深いライヴだった。

『CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~』より

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着