三阪咲、雑誌『Seventeen』のテーマ
ソングを担当 ダンスの振付はs**t
kingz

三阪咲がティーン向け女性ファッション誌『Seventeen』(集英社)のテーマソングの作詞・歌唱を担当することが決定した。
Seventeenダンス部顧問としてダンスを振付するのは、日本ダンス界のトップを走り続け、世界的にも活躍しているs**t kingz。また、この楽曲の作詞のアイデアになるエピソードの募集が本日・12月8日(火)より開始となり、テーマソングのお題は“友情”とのこと。
s**t kingz
また、テーマソングに合わせて振り付けられたダンスを練習するダンス部をSeventeen専属モデルで結成する。参加メンバーは、田鍋梨々花、雑賀サクラ、大友樹乃、田中杏奈、瀬戸琴楓の5人となっており、楽曲の完成&お披露目は2021年4月を予定。制作過程は『Seventeen』誌面のほか、公式アプリ「ST channel」、Seventeen公式YouTubeチャンネル、ツイッター等で紹介される。
『Seventeen』
三阪咲 コメント
今回、テーマソングを担当させていただくことになりました、三阪咲です!
「Seventeen」初のテーマソングということで、読者のみなさんはもちろん、「Seventeen」をまだ読んでいない方にも聴いてもらえるように、精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!
s**t kingzさんコメント
この度、Seventeenダンス部の顧問に就任したs**t kingzです! ダンスで楽しく、可愛く、カッコよく!
みんながキラキラ出来る音楽と振付で、ハッピーなダンス部にしたいと思います!
踊ることが好きな方からダンス未経験の方まで、皆さんガンガン参加して、一緒に楽しみましょう!
Seventeen編集長 小林 亘 コメント
新型コロナウイルスの影響でさまざまな活動が制限されている女子中高校生の毎日を少しでも応援したい、明るくしたい。そして読者のみなさんとモデルたちが一緒に、歌って踊って楽しんでもらえるような『Seventeen』のイベントを実現させたい、そんな思いからこの企画が生まれました。歌詞のアイデアも大募集します!三阪咲さんも現役高校生ならではの感性で、同世代に共感間違いなしの歌詞を作り、歌ってくれるはずです。たくさんの方にご参加いただき、ともに作り上げていきたいと思います。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着