左上から:伊吹とよへ、なえなの、アンゴラ村長、内山さん 左下から:チュートリアル徳井、景井ひな、修一朗、チュートリアル福田/PHOTO:SANGPIL PARK

左上から:伊吹とよへ、なえなの、アンゴラ村長、内山さん 左下から:チュートリアル徳井、景井ひな、修一朗、チュートリアル福田/PHOTO:SANGPIL PARK

総勢100組以上のTikTokクリエイター
&アーティストが出演した
『TikTok CREATOR'S LAB. 2020
-REFLECTIONS-』をレポート

チュートリアル徳井、景井ひな、ひらめ、修一朗、チュートリアル福田/PHOTO:SANGPIL PARK

チュートリアル徳井、景井ひな、ひらめ、修一朗、チュートリアル福田/PHOTO:SANGPIL PARK

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」が、12月6日(日)に年に一度のTikTokクリエイターの祭典『TikTok CREATOR'S LAB. 2020 -REFLECTIONS-』を開催した。同イベントでTikTokトレンドを象徴する「TikTok流行語2020」の大賞と部門賞も発表。

TikTok流行語2020大賞は「#きゅんです」に決定。ブームの一翼を担った“ポケットからきゅんです!”を歌うひらめが授賞式に登場した。

・各部門賞は次の通り:ミュージック部門「#君の虜に」、チャレンジ部門「#TikTok教室」、エフェクト部門「#時を戻そう」、コトバ部門「#きゅんです」。

イベントでは、チュートリアルが総合MCを務め、景井ひな、修一朗、アンゴラ村長(にゃんこスター)、伊吹とよへ、重太みゆき、なえなの、パンク町田、ロイなど、総勢100組以上の人気クリエイター&アーティストが出演。ここでしか見られないクリエイター同士のスペシャルコラボやTikTokでも大人気のアーティストによるスペシャルライブが披露され、6時間以上に渡って大いに盛り上がった。
チュートリアル、景井ひな、修一朗/PHOTO:SANGPIL PARK

チュートリアル、景井ひな、修一朗/PHOTO:SANGPIL PARK

ゼネラルマネージャー・佐藤陽一氏からのギフティング機能といったこれからのTikTokの方向性を示した挨拶で幕を開けると、TikTok発のヒットソングが話題となった期待の次世代シンガー ・Tani Yuukiがトップバッターのライブを務め「“Myra”だけじゃないんだよ」と意欲的に自身の密かな目標を口にし、新曲“百鬼夜行”をライブ初披露してイベントを大きく盛り上げた。
Tani Yuuki/PHOTO:YURIE PEPE

Tani Yuuki/PHOTO:YURIE PEPE

Tani Yuuki/PHOTO:YURIE PEPE

Tani Yuuki/PHOTO:YURIE PEPE

この日は今年の流行語大賞が部門別に続々発表されたが、チャレンジ部門賞には「#TikTok教室」が。受賞者として、英語レッスン動画で人気のKevin's English Roomが登場した。

コトバ部門では「#きゅんです」が入賞。“ポケットからきゅんです!”がヒット中の顔出ししない次世代シンガー・ひらめが表彰され、修一朗から記念の盾が贈られた。またライブ生演奏に加えて、来週リリースのひらめ初のクリスマスソング“午前0時”をライブ初披露するサプライズもあり、終了後には「クリスマスに大切な人に会えないカップルを思って作りました」と制作秘話も明かした。イベントのクライマックスで発表された「TikTok流行語大賞2020」の大賞も、見事「#きゅんです」が受賞。
ひらめ/PHOTO:YURIE PEPE

ひらめ/PHOTO:YURIE PEPE

「TikTok流行語大賞2020」大賞が発表された瞬間。チュートリアル徳井、修一朗、景井ひなから思わず「きゅんです」ポーズが飛び出る/PHOTO :SANGPIL PARK

「TikTok流行語大賞2020」大賞が発表された瞬間。チュートリアル徳井、修一朗、景井ひなから思わず「きゅんです」ポーズが飛び出る/PHOTO :SANGPIL PARK

「TikTok流行語大賞2020」大賞受賞シーン。チュートリアル徳井よりひらめへ盾が贈られた/PHOTO :SANGPIL PARK

「TikTok流行語大賞2020」大賞受賞シーン。チュートリアル徳井よりひらめへ盾が贈られた/PHOTO :SANGPIL PARK

ひらめ/PHOTO:YURIE PEPE

ひらめ/PHOTO:YURIE PEPE

エフェクト部門では、お笑いコンビ・ぺこぱがネタで使う決め台詞が発端となった「#時を戻そう」が入賞。昔の写真と同じ構図で撮影し過去と現在を並べる動画投稿で多くの人の心をくすぐった、TikTok内の遊び方について振り返った。

ミュージック部門は「#君の虜に」が入賞。日本のみならず世界まで広がりを見せた同曲(“summertime”)を歌うのはcinnamonsのヴォーカル・鈴木まりことevening cinemaのヴォーカルで楽曲の作曲者でもある原田夏樹。この日はcinnamons × evening cinemaのライブも披露され、最後はコーラスにFoiを迎えてevening cinemaの“Night Magic”も演奏された。
cinnamons × evening cinema/PHOTO:YURIE PEPE

cinnamons × evening cinema/PHOTO:YURIE PEPE

evening cinema原田夏樹、cinnamons鈴木まりこ。ミュージック部門賞「#君の虜に」/PHOTO:YURIE PEPE

evening cinema原田夏樹、cinnamons鈴木まりこ。ミュージック部門賞「#君の虜に」/PHOTO:YURIE PEPE

クリエイターたちがランウェイで各々のパフォーマンスを披露する企画では、サンタのコスチュームでクリスマスを先取りする五木あきらがMC陣の前を縦横無尽にウォークし、いつも困り顔のピザトルというサルが飼い主と一緒に登場。さらに、なぜか竹馬に乗って現れた神堂きょうかから、フォロワー580万人のマジシャン・Buzz Magician Shinといった鬼才なクリエイターたちの集結に、視聴者もランウェイ企画の概念を大いに崩されたようだった。
Buzz Magician Shin/PHOTO :SANGPIL PARK

Buzz Magician Shin/PHOTO :SANGPIL PARK

ゆりめり/PHOTO:YURIE PEPE

ゆりめり/PHOTO:YURIE PEPE

ゆりめり/PHOTO:YURIE PEPE

ゆりめり/PHOTO:YURIE PEPE

この日のために用意された特別メドレーを披露してくれた姉のYui(ヴォーカル/キーボード/ギター)と妹のMei(ヴォーカル/カホン)による滋賀県出身の姉妹デュオ・ゆりめりは、実は幼少期にチュートリアルが出演していた関西のテレビ番組の兄弟を取り上げるコーナーで一緒にハンバーグを作ったことがあるというエピソードを話し、大人になった姿でチュートリアルの2人を前にライブを生演奏した。「こんなに人気になるとは」と驚きを隠せない徳井。TikTokで投稿した際に好感触だったという緑黄色社会の“Mela!”らのカバーや、TVドラマ『そのご縁、お届けします』のエンディング主題歌“つぎのて”でドラマの暖かさを表現し歌うと、福田が「立派に成長して」としみじみする場面もあった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着