Micro[Def Tech]・平間壮一、林翔
太・東啓介ら出演でブロードウェイミ
ュージカル『イン・ザ・ハイツ』再演
が決定

2021年3月・4月に、ブロードウェイミュージカル『IN THE HEIGHTSイン・ザ・ハイツ』が再演されることが決定した。
本作は、2008年のトニー賞で最優秀ミュージカル作品賞を含む4部⾨に輝き、2014年に⽇本初演。⼼打つストーリーとグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した魅⼒溢れる楽曲で多くの観客を魅了し、来夏ハリウッド映画化も予定されている。作詞作曲・原案はトニー賞、ピューリッツァー賞、グラミー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞するなど今やミュージカル界のみならずエンターテイメント界の最重要⼈物と⾔える『Hamilton』を産み出した天才リン=マニュエル・ミランダ。
上段左から Micro[Def Tech]、平間壮一、林 翔太、東 啓介 下段左から 田村芽実、石田ニコル阪本奨悟
今回の再演では主⼈公ウスナビ役を初演に引き続き、卓越したラップスキルと温かな演技で観客を魅了したアーティスト: Def Tech の Microと、新たに『RENT』のマーク役での好演が記憶に新しい平間壮⼀が務める。そして、物語のもう⼀⼈の主⼈公である、ウスナビの親友でタクシー会社で働くベニー役にはミュージカル/ストレートプレイなど幅広い舞台での活躍が⽬覚ましい林 翔太と舞台は勿論ドラマ、映画へも活躍の場を広げる東 啓介が決定した。共演には希望の星として名⾨⼤学に進学するもある秘密を抱えてハイツに帰ってきたニーナ役に⾼い歌唱⼒と表現⼒で話題作への出演が続く⽥村芽実、ヘアサロンで働きながらハイツの外の世界へ憧れているヴァネッサ役にはモデル・⼥優・バラエティと幅広く活躍中の⽯⽥ニコル、ウスナビの弟の様な存在のソニー役には舞台でも存在感を⾒せるシンガーソングライターの阪本奨悟。
クリエイティブチームは演出・振付を初演に引き続き、安室奈美恵SMAPAKB48 などJ-POP の振付師としても知られ、ミュージカル『⼑剣乱舞』の振付、オリジナル・ミュージカル『THE CIRCUS!』シリーズの企画・構成・演出・振付と幅広く舞台でも活躍するTETSUHARUが、作品中全編に散りばめられた RAPを中⼼とした歌詞を⽇本ヒップホップ界のレジェンドKREVAが担当する。
ウスナビ役・Micro コメント
初ミュージカルでウスナビという⼤役を頂いた2014年の初公演から7年。待望の来春再公演。
⾳楽家として、デフテックとして20年の歩みを進めてきた先にこれほどの素晴らしい舞台に⽴たせてもらうことができた経験を活かし、さらなる⾼みを⽬指しながら、今回最⾼のウスナビを演じ切り、完全燃焼していきます!
ウスナビ役・平間壮一コメント
やっとお知らせ出来る事が嬉しいです!
とても好きな作品なんです。
だから、⾃分が関われるとなって、めちゃくちゃ⼤切にしていきたいとも思いましたし、出演できるというだけで浮かれないように向き合っていきたいなと思っています。
⼼からぶつかっていくキャストと⼼地よいリズム、⼼あったまるラブストーリーを感じに、是⾮観に来てください!
ベニー役・林翔太コメント
ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』初出演、すごく嬉しいです!
今までミュージカルには何度か出演させていただきましたが、今回はまた新たな挑戦がたくさんありそうな予感がしています!
新しい林翔太を⾒せられるよう頑張ります!
ベニー役・東啓介コメント
ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』初出演とても嬉しいです。
素敵な楽曲とストーリーで、これからキャスト・スタッフ全員で、この作品を作り上げていくのが楽しみでなりません。精⼀杯努⼒し、⾒にいらしてくださるお客様の⼼に残るものを届けたいと思います!
ニーナ役・田村芽実コメント
今回、『イン・ザ・ハイツ』にニーナ役として参加させていただけること、嬉しくて仕⽅ありません。
ミュージカルには珍しい、⼒強く魅⼒的なラテン調の⾳楽で歌い、踊ることを今から夢想して、胸をときめかせています。
今、この作品に参加できる喜びと共に、責任も感じています。観劇に来て下さるお客様⼀⼈⼀⼈に、しっかりと作品をお届けできるよう精⼀杯努めたいと思います。
ヴァネッサ役・石田ニコルコメント
今回ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』に出演することができ、とてもとても嬉しく思います。
この状況下ですが、舞台の上で皆様に会えることを願って、また新しい挑戦にチャレンジしつつ、全⼒で挑みたいと思っています。
ソニー役・阪本奨悟コメント
この度、ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』にソニー役で出演させて頂くことになりました。
2014年、⽇本⼈キャストでの公演でも話題となったブロードウェイミュージカルの傑作と⾔われるこの作品に出演できること、とても光栄です。
今まで⾃分が経験したことがない要素が沢⼭ある作品かと思いますが、この作品から新しいことを学んで成⻑できるように精⼀杯頑張ります。
皆さん、どうぞよろしくお願いします!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着