吉永小百合・松坂桃李・広瀬すず・西
田敏行らがリアルな“えんぴつ画”に
映画『いのちの停車場』ティザービ
ジュアル公開&公開日が決定

映画『いのちの停車場』が2021年5月21日に公開されることが決定。あわせてティザービジュアルが解禁された。
『いのちの停車場』は、『サイレント・ブレス』や、NHKで放送中のテレビドラマ『ディア・ペイシェント』原作小説で南杏子氏の同名小説を映画化するもの。大学病院に勤めていた救命救急医がある事情から父の住む実家へ戻り、在宅医療を通して患者と向き合う姿を描き、尊厳死・安楽死などの現代医療制度のテーマにも切り込んだ作品だ。
主演をつとめるのは、女優の吉永小百合。『北の桜守』、『最高の人生の見つけ方』などに主演し、これまでに121本の映画に出演してきた吉永は、本作で自身初となる医師役=白石咲和子を演じることに。咲和子は、“まほろば診療所”でこれまで自分が経験してきた医療とは異なるかたちで“いのち”との向き合う。医師役への初挑戦を考えていた吉永は、2019年の夏前に原作と出会い、その内容にほれ込んだとのこと。在宅医療を行う“つるかめ診療所”の鶴岡優子氏、鶴岡浩樹氏や、東京女子医科大学病院・救命救急センター長の矢口有乃氏に医療指導を受けて撮影に臨んでいる。また、医大の卒業生で、咲和子を追ってまほろば診療所で働くようになる元大学病院事務員・野呂聖二を松坂桃李が、まほろば診療所を支え続けてきた訪問看護師・星野麻世を広瀬すずが演じる。松坂と広瀬は、どちらも本作で吉永と初共演を果たす。さらに、まほろば診療所の三代目院長・仙川徹を西田敏行が、咲和子の父で元美術教師の白石達郎を田中泯が演じるほか、石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらがキャストに名を連ねている。

公開されたティザービジュアルは、メインキャストの吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行らの姿を“えんぴつ画”で描いたもの。富山県富山市在住の鉛筆画家・古谷振一氏によるものだ。えんぴつ画には、劇中場面写真や、石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらの姿も収められている。なお、同ビジュアルが描きあがる工程をおさめたメイキング映像も公開中だ。
『いのちの停車場』は2021年5月21日全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着