内博貴が挑む感染症に立ち向かう医療
ヒューマンドラマ 舞台『ドクター・
ブルー』イメージビジュアルが公開 
ヒデ(ペナルティ)の出演も決定

2021 年 1 月 23 日(土)~ 2 月 7 日(日) KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>、2 月 13 日(土)~ 14 日(日) 御園座、 2 月 26 日(金)~ 28 日(日)NHK 大阪ホールにて、舞台『ドクター・ブルー』〜いのちの距離〜が上演される。
本作品は、突如として猛威を振るい始めた未知の感染症に挑む感染医や若き医師(=「ドクター・ブルー」)、様々な立場の医療従事者の日々の葛藤や奮闘ぶりを中心に、感染症に罹患した人々、そして彼らを取り巻く家族や市井の人々の姿を描くと共に、いのちの大切さ、感染症予防に対する新たな生活様式、これまでの平穏の生活を取り戻すための希望を模索する様子をシミュレーションし、KYK 医学研究所・医学博士の北村義浩氏が医療監修して書き下ろした、医療ヒューマンドラマ。
出演は、感染症のスペシャリストとして常に冷静な判断をする主人公の感染医、北里正秀役に内博貴。そして、外科医の水木一真役に松下優也、内科研修医の原賢一郎役に室龍太 (関西ジャニーズ Jr.)、同じく内科研修医の北村今日子役に吉倉あおいが登場。
また、病院のある曙市市長の黒咲優には天宮良、雲母病院院長の雲母輝子役には高島礼子といった多才・実力派を布陣。そして声楽家のナンシー濱本役で麻実れいが特別出演する。さらに、ヒデ(ペナルティ)が、医療ケースワーカーの立花雄輔役での出演が決定した。
作品の上演を通じ、感染症と闘う医療従事者や感染症に罹患した人々、そしてその家族の皆様にエールを贈るとともに、現代の日本に生きるすべての人々が未来に向けて生きる解決策を問いかける作品となる。
また、上演に向けて公演のイメージビジュアルが公式サイトにて公開された。感染症に立ち向かう医療ヒューマンドラマをイメージし、出演者の防護服姿を連動させたビジュアルとなっている。
ヒデ(ペナルティ)コメント
ヒデ(ペナルティ)
お話を頂いた時から、お笑い以外の舞台経験がほぼ無い僕で良いのかと、いう不安が今も続いております。と言うのも、今から25年前、福田雄一氏 脚本・演出の舞台に出させて頂きましたが、その時には全く感じなかった緊張感に包まれているからです。それでも 40 代最後の年にお声がけしていたオファーに対して全力でお応えし、素晴らしい舞台と 50 代を迎えたいですね。相方にも是非観に来て欲しいです。勿論、チケットは自腹ですがね(笑)
<<あらすじ>>
現代の日本の古くから城下町として栄えた歴史ある街。その主要病院である“雲母病院”に地元出身の世界的声楽家 ナンシー濱本 (麻実れい)が運び込まれる。それを皮切りに、その病院で内科研修医を務める原(室 龍太)と北村(吉倉あおい)のもとには、次々と同じ症状の患者が運び込まれることに。数日後、この病院に疫学研究所から感染医の北里正秀(内 博貴)が派遣され、重大な情報が伝えられる。
未知の感染症の拡大を防ぐべく、若き医師(ドクター・ブルー)たちの闘いが始まる…。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着