本田美奈子.を筒美京平&秋元康が
トップアイドルへ導いた『LIPS』

筒美京平のメロディーが全開

ただ、M3「1986年のマリリン」の“マリリン”なるキーワードと、そのコンセプトはメロディーメーカー、筒美京平の作曲家魂に火を付けたのではないだろうか。アルバム『LIPS』に収録されたM3「1986年のマリリン」を聴いて、そんな想像が止まらなくなった。そう思うほどに同曲は筒美節全開なのだ。どこを切ってもキャッチーで素晴らしいメロディーが詰まっている。出だしこそ、どこかで聴いたような気がしないでもないが(特に『LIPS』収録の“ニュー・ヴァージョン”はそう)、ギターが鳴るとそれが大分糊塗される感じではあるし、そのギターもなかなか広がりのあるメロディーを奏でている。そして、歌。Aメロは《接吻の後はため息が出ちゃう/月の雫のスパンコール/車のルーフに金のラメ》で、Bメロが《誰も知らない 恋の約束/午前2時に眠るオフィス街》であるだろうが、Aメロ前半は《接吻の後は》と《ため息が出ちゃう》との間が空いていて、しかも《月の雫のスパンコール》の部分が《接吻の後は》とは雰囲気が異なる。さらに《車のルーフに金のラメ》ではメロディーが突き抜けていくような印象があって、Aメロ部分は所謂Aメロと簡単に片付けられない抑揚がある。そこだけでも相当起伏に富んでいるのだ。

Bメロは《午前2時に眠るオフィス街》の箇所にパンチがあり、ドラマチックさを加速させていく感じ。それも《誰も知らない 恋の約束》までの溜めが効いているからだろう。グイグイとドライブしていく感じがとてもいい。その上で──これをブリッジと呼んでいいものかどうか迷うが、Bメロとサビをつなぐ箇所に2小節の、これまたドラマチックな楽器パートを差し込んでいる。この箇所はほとんど“ここからサビですよ!”と言っているも同様で、聴き手の高揚感を増幅させるに十分な効果があると言えるだろう。そして、この楽曲で最も重要な箇所──これが発表された時の本田美奈子.にとって最も重要なキーワードが注入されたサビへと突入していくのである。インパクトのある《マリリン》のフレーズはしっかりとリフイン。その後は《いつもよりも セクシーなポーズで》でまさに艶めかしさを示し、最後の《じれたあなたのそのハート 釘づけ》ではブレイクポイントでけれんみを出しつつ、しっかりと決める。カッコ良く締め括っているのである。こうして分析してみると、見せ場のてんこ盛りであることがよく分かる。稀代のメロディーメーカー、筒美京平の真骨頂と言って良かろう。

M3「1986年のマリリン」に興奮しっぱなしで、これ一曲で随分と語ってしまったが、もちろん『LIPS』はこれだけに留まらない。それぞれタイプが異なるものの、ともにミドルテンポのM4「スケジュール」とM6「バスルームエンジェル」ではシルキーな歌声を堪能できる歌メロを聴けるし、スリリングでいなせなM7「ドラマティックエスケープ」も、オリエンタルなエッセンスが入った独特のメロディーを聴かせるM9「YOKOSUKAルール」もひたすらカッコ良い。フィナーレのM10「愛の過ぎゆくままに」では、のちに彼女がミュージカル俳優になったことや、クラシックとのクロスオーバーに挑んだことにも納得の表現力の確かさを確認できる。

その上で、もうひとつ推し曲を挙げるなら、M1「Sold out」になるだろうか。イントロでのベースからしてサウンドに80年代感が満載なのは好き嫌いが分かれるところだろうが、そこでのメロディーラインもちゃんとキャッチーで、オープニングからなかなか聴かせてくれるナンバーである。ギター、ブラスセクション、コーラスのいずれもその旋律がはっきりとしていて、食材に例えるなら、皮まで食べられるとか骨まで食べられるとか、捨てる部分がないような感じだ(例えが微妙なのは御免)。この辺からも筒美京平らしさが如何なく感じられる。それでいて、本田美奈子.自身の歌はバッキングに見劣りすることなく、実に堂々とした印象で、ラスサビではアドリブ気味なヴォーカリゼーションを見せる辺り、デビュー2年目のアイドルシンガーとしてはなかなかのものと言えよう。そこに乗る《ナンパな声 かけないで》という歌詞はシンガーとしての自信を重ねているかのようだし(さすが秋元康!)、本田美奈子.という不世出のシンガーの代表作である『LIPS』の1曲目にも相応しいと思う。

TEXT:帆苅智之

アルバム『LIPS』1986年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.Sold out
    • 2.リボンがほどけない
    • 3.1986年のマリリン [New Version]
    • 4.スケジュール
    • 5.JOE
    • 6.バスルームエンジェル
    • 7.ドラマティックエスケープ
    • 8.マリオネットの憂鬱 [Album Version]
    • 9.YOKOSUKAルール
    • 10.愛の過ぎゆくままに
『LIPS』('86年)/本田美奈子.

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着